金沢屋日記・ブログ 金沢・能登の情報や、お料理レシピ、生産者やスタッフの日記をお伝えします。

Powered by
Movable Type 5.04

【2014年02月】

2006年5月31日

[金沢屋・商品について]

らっきょうの季節近し!

毎年ご好評をいただいております、今川酢造さんの「らっきょう漬」ですが、昨年度漬けた物が全て完売しました。市場では新らっきょうを漬ける季節のためたくさんの獲れたてらっきょうが出回ってますね。スーパーなどでも洗いらっきょなどを見かけているかも知れません。

もちろん今川酢造さんでも今年のらっきょう漬の準備は始まっております。今年も今川さんの忙しい季節が始まります。

060531-1.jpg

もう暫くしましたら今年度の新物らっきょの予約なども始まりますので、皆様ご迷惑おかけ致しますが新物らっきょうがつかるまで暫くお待ち下さいね☆

060531-2.gif

これは実は私が描いたらっきょのイラストです。2年ほど前にらっきょう漬の漬け方を書いたときに、説明係としてらっきょキャラを描いたんですが・・・。先日、今川酢造さんの奥さんとお会いしたら、このらっきょうの絵を気に入って下さり、「らっきょくん」などとお名前までつけていただいておりました。

なんにせよ気に入って可愛がって貰えるのは嬉しいことで、折角描いた絵ですので反応を貰えて嬉しかったです。
カリカリと美味しい新物らっきょうが漬かるまで暫くお待ち下さいね!

関連リンク

金沢屋・らっきょう漬け

[今日の金沢]

アイスクリーム♪

知っていますか?石川県はアイスクリームの消費量が日本一なんだそうです♪
(^−^)
この話は石川県民なら結構知っている話題なのですが、本当なのかなといつも疑問を持ちます。でも日本一!なんですよ〜☆

金沢にも色々なご当地アイスやアイスクリーム専門店がありますが、ジェラートジェラートさんは金沢の方が開かれたアイスクリーム屋さんです。石川県内でも何店舗かあり、パスタやクレープも食べられるお店があるので土日は凄く賑わっています。

市販のアイスも昔と比べて本格派の物が増えて、アイスの世界も平成になり本当に美食になりましたよね。

そう言えば以前BフレッツのCM(NTT西日本)で、天海祐樹さんがアイスクリームを8段程積み重ねたのを持っているのを見たことがありますが、アイス好きの方は一体平均幾つくらいをのっけるのでしょうか?

アイス専門店で最高何個まで注文を受けたことがあるのか、聞いてみたかったりします。アイスやかき氷はおいしいからと急いで食べると、鼻筋がツーンとした子供の頃を思い出します。家はクーラーがなかったので、玄関先で蝉の鳴く声を聞きながら、うだるような暑さの中アイスを食べていた夏をふっと思い出しました。

そんな夏まで後少しですね!長崎のお友達が梅雨になったと連絡をくれましたが、北陸はもう少し先になりそう。ムシムシする梅雨にもアイスは欠かせません。

[今日の金沢]

数字の付く店舗 8番ラーメン編

石川県には8番ラーメンなるものがあります。数字の付く店舗の一つですが、どうして8番?なの?????と思っていましたが、調べてみてその理由が分りました。

それは創業当時に遡るそうで、昭和42年頃に加賀市の国道8号線にラーメン店を開店したところにちなんで8番ラーメンと名付けられたのだそうです。

北陸はラーメンの不毛の地とも全国では評価されていますが、庶民の味方として8番ラーメンは長く私たちにラーメンを提供してくれているお店です。

オープン当初は炒めた野菜を一杯にのせたラーメンが好評で、1日に1,300杯も売れていたのだというのだから凄いですね〜♪

こちら石川ではテレビコマーシャルでもよく見かけます。今では同じ傘下に様々なタイプの飲食店も増えてるみたいです。 今年の夏は「ヨモギざるラーメン」が一押しメニュー♪だそうです。そう言えば昔ご近所のお兄ちゃんが、8番ラーメンでアルバイトしていたなぁとフッと思い出しました。野菜を巧く炒めるコツなど一生懸命アピールしてくれていたなぁ・・・。

石川県に来たら8番ラーメンの看板にも注目してみて下さいね!県外には滅多にないラーメン店なのです♪
ちなみにこの頃は金沢にも色々なラーメン屋さんが本当に増えたんですよ〜☆ 旅行や出張でいらっしゃったらぜひ金沢のラーメンも食べて行ってみて下さいね。

2006年5月30日

[日々雑感]

鉄線とクレマチス?

060530-2.jpg鉄線ってご存じですか?この頃はクレマチスや時計草などの名前の方がみなさんピンと来るかも知れませんね。

見た目は似たようなお花ですが、日本に元々有った鉄線はキキョウに似た青いお花で茎は細くてとても頑丈なものだそうで、そこから「鉄線」の名前が来て居るんだそうです。江戸時代の初期に中国から渡来した花の一つです。
この頃よく見るクレマチスは西洋種が混入したものだそうです。色のバリエーションも増えていますよね。

写真は私の住まいのご近所に咲いている鉄線です。本当に見事。
2年前にはスケッチもさせて頂きましたが、お家の人がお花の前に見ず知らずの私が立ってるので怪しそうに思われたのでしょう、窓から覗かれていたのでお辞儀をしてそのまま描かせて頂いた事もあります。
(^0^; はっはっは〜♪

ここのお宅の垣根に植えられており毎年梅雨前に綺麗に花を見せてくれています。


鉄線は家紋にも用いられているお花です。鉄線紋も色々あって「八つ鉄線、八つ花鉄線、三つ葉鉄線、花鉄線、永井鉄線 」などが有名です。

[今日の金沢]

金沢南総合運動公園バラ園のバラが見頃です♪

金沢市富樫三丁目にある「金沢南総合運動公園バラ園」のバラが今年も綺麗に咲きました。(^−^)様々な種類のバラが咲いているので晴れた日に見に行ってみてはいかがでしょうか。

060530-3.jpg

私は去年の紅葉の時期、仲良しの叔母さんと自転車で紅葉を探しにウロウロしていたら、ついついこちらまで来てしまいました。このバラ園で散策の途中に買った茶菓子を食べて一息ついたことがあります。笑

バラは秋にも咲くのですが、私たちが行ったときはチラホラ咲いている程度でした。やはり今の季節が一番の見頃!デジカメ片手にお出かけしてみて下さい。

バラの花の中にベンチも置かれているのでとっても良い雰囲気でデートも出来るかも知れませんよ。

[日々雑感]

木の根道 (鞍馬から貴船へ向かう道中)

060530-1.jpg

天狗と言えば鞍馬、鞍馬天狗は有名ですよね。牛若丸に剣術を教えたと伝説が残っています。天狗って???天狗は生前おごり高ぶった高僧の死後の姿とも言われているそうです。

鞍馬から貴船へと抜ける途中の山道があります。昼間でもうっそうとした森が続きますが、人気のハイキングコースにもなっています。

鞍馬寺の奥宮があるところまでは土を石で止めた階段が続きますが、奥宮から貴船への下りの山道の止め木は丸い木なです、雨の日などはツルツルするのでご注意下さいね。

奥宮に行く前だったでしょうか後だったでしょうか定かではありませんが、この写真の景色である「木の根」道に出会いました。自然の凄さと木のたくましさを感じる壮大な景色です。

この辺りの山は土が硬く木の根が地下に伸びられないのだそうです。それでこのような景色が出来上がりました。皆さんもぜひ行ってみて下さい。って、金沢屋なのに京都の宣伝しちゃいましたね。笑

2006年5月29日

[金沢屋・商品について]

お酢でサワーを作りました♪

060529-1.jpg

今川酢造さんのお酢でフルーツサワーを作りました。安くなっていたフルーツがいっぱいあったので色々買って、面倒くさがり屋の私は一度に作りました。

レモン、グレープフルーツ、アメリカンチェリー、パイン、イチゴ、リンゴです。(^0^)!

漬けて暫くするとイチゴは赤いエキスを出し始めて、サクランボも一日くらいすると色が出始めました。

作り方は今川酢造さんの奥さんに教わりました。凄く簡単ですし身体に良いので皆さんも是非作ってみて下さいね。

*分量

・フルーツ300グラム(エキスが出やすいようにカットして下さい。)
・米酢300CC
・砂糖250〜300グラム

1:フルーツは皮をむいたり、傷を付けたりしてエキスが出やすくカットしましょう。
2:米酢300CC、砂糖300gを先に容器に入れて混ぜてとかしておきましょう。その方が早く出来上がります。
3:フルーツと合わせた酢を瓶に漬け込みます。フルーツのエキスが出てしわしわになった頃から飲み頃です。

※漬けあがったらガーゼなどで漉してフルーツと分けて下さい。フルーツは甘酸っぱく漬かっているので酢の物代わりに召し上がって頂いても結構です。


(^−^)出来上がったサワーに水や炭酸を2〜4倍に薄めてお召し上がり下さい。美味しいですよ!焼酎割りに入れても美味しいかも知れませんね。牛乳に入れたらヨーグルトっぽくも成るらしいので、色々召し上がって下さい。

2006年5月26日

[金沢屋・商品について]

「あやめもち」がテレビで放送されます♪

こんにちは、金沢屋の松原陽子です♪(^^)

当社でも人気の白鳥神保さんの「あやめもち」ですが、テレビ朝日系列の地方局8局(岩手 仙台 山形 石川 愛知 広島 山口 愛媛)の「おとりよせ」のコーナー(夕方放送予定)にて、ここ一週間の間に紹介される予定です。
(放送日・時間などは各局ごとに異なります)

愛知は三重や岐阜でも映るそうですし、石川の放送も富山や福井でも映っているそうなのでたくさんの方に見て頂ければと思います。

白鳥神保さんのお父さんは洋菓子店をされていて、和菓子は息子さんが作っています。お母さんは大変好奇心が強く明るい方でパワフルな素敵な女将さんです。

冷凍で届きますが溶かして食べたら美味しいあやめもち、ぜひみなさんも召し上がってみて下さい。

060526-4.jpg

■あやめもち

[日々雑感]

佐賀のがばいばあちゃん (映画)

満座コンビB&Bを知らない人は少ないと思う。子供の頃の漫才ブーム、嫌と言うほどテレビで見た漫才師だ。今もがんばって漫才をされているが、ときどき洋七さんのおばあさんのネタがありおもしろい人だなあと思って聞いていたことがある。

6月3日から全国で洋七さんのおばあさんのお話しが映画化されて放映されるそうだ。その名も「佐賀のがばいばあちゃん」という。がばいとは佐賀の方言で「凄い」という意味らしい。

少しだけテレビの放送で映画紹介をしていたが、チラッと見ただけでもおもしろくてぞくぞくしました。今は物に溢れている世の中で、もったいないという意識がかけているなと思うことが多々ありますが、洋七さんのおばあさんの格言はとっても良いメッセージであり元気が出るのです。

九州地方では既に放映が始まっているそうですが、心温まる映画は大好評なのだそうです。

何かと世知辛いこのご時世、洋七さんのおばあさんの世界観が人々にあたたかいメッセージを与えてくれるだろうと個人的に期待しています。
それと今では随分と様変わりした懐かしい昔の日本の風景も楽しめるのだろうと期待してます。何せ昭和生まれの田舎者ですので・・・。(^^ゞ

「笑顔で生きんしゃい!」と映画のサイトでおばあさんの写真の横に言葉が書いてありますが、なんて良い言葉でしょう。
私も早くみたいです!

[金沢屋・商品について]

金さんの作る 韓さんキムチの「白菜キムチ」と吉田屋さんの「プロだし」のご感想を戴きました♪

こちらも毎回お買い物を沢山戴いているお客様からのお声ですが、先日キムチをご注文下さいまして、感想をいただきました。

以前にお電話でおはなししたことのあるお客様で、メールを戴いて凄く嬉しかったです♪インターネットだと顔が見れなくて人の温度が感じられないのですが、やはりこういうやりとりがあると店頭でお客様とトークしている感じがしてホント嬉しい限りです。ルンルン♪

プロだしは凄く気に入って下さっているらしく重宝されているとのことで、今回は妹様にもさしあげられたそうです。ありがとうございます!
これから暑くなると冷たい麺類などが美味しくなりますから、プロだしは必需品ですよね。

前回はキムチもお買いあげいただいて、頂いたご感想には「思ったより辛く(韓国並?)、好きとはいえ「辛い々」と言いながら食べています。キムチチャーハンも楽しみです。」なんて嬉しい声も♪早速金さんにも伝えさせて頂きます。

「これからの商品展開も楽しみにしています。」なんてお言葉も戴いて、嬉しい限り!
新しい商品を紹介するため、本日も手代(川)は飛び回っております。

メールありがとうございました!

060526-3.jpg
写真は 韓さんキムチさんの「白菜キムチ」 金さんが作ってます♪

関連リンク

金沢屋・白菜キムチA「カット済み」(500g×2)

[金沢屋・商品について]

五穀を食べよう♪

長年金沢屋で「五穀の君」を買って下さっているお客様と先日メールをしました。(^−^)♪

周りの方の分も一緒に購入されているのですが、一体どんな風に召し上がってらっしゃるか聞いてみたところ様々な食べ方が。(^0^)

元々、こちらのお客様は花粉症が酷いので召し上がられたのがきっかけですが、健康になってきている気がすると仰ってました。

普段のお料理で意外煮豆を食べる事って難しかったり、食べても上方が不十分だったりすると身体への吸収率は悪いですよね。五穀の君を良く五穀米と訪ねられたり、お米に混ぜて炊くものと勘違いされますが、五穀の君は五穀八種を火で煎って粉末にしたものです。だからミルクと混ぜて飲んだり、お菓子作りにも簡単に使えるし、粉末になってる分九州も良いんですよ♪

お客様はお風呂上りに牛乳に混ぜて毎日飲んで下さっているそうです。お母様は牛乳が苦手だそうで、朝にヨーグルトに混ぜて召し上がられているとか。(^^)V♪

最初は合わないらしくて不満気味だったお母様も(笑)「健康に良い」と続けてらっしゃって、今では馴れて網のコラーゲンと一緒に召し上がっているそうです。パワー全開ですよね!ご友人は毎朝シリアルにふりかけて召し上がって下さっているそうです。

肌の艶なども良くなるので、体調が悪かったりする方にはぜひ召し上がって頂きたい栄養補助食品です。
060526-2.jpg

関連リンク

金沢屋・五穀の君

[日々雑感]

撫子(なでしこ)の花

撫子(ナデシコ)の花を植えています。去年買った物ですが今年も綺麗に咲いてくれました。
060526-1.jpg

一度植えると結構な繁殖力もあり、翌年も綺麗に咲いてくれる花です。
一般の野原で見かけるやせいの撫子は素朴ですがとても綺麗。この頃は色々な品種改良も施され、色や形も豊富になっているようです。

我が子を撫でるように可愛いというところからこの名前が付いたそうですが、何とも愛らしい花ですよね。

大和撫子・・・、品性の良い女性をこう例えられますが、お花自体の方では在来種の撫子をこう呼ぶそうです。 中国から来た撫子は唐撫子と言うのだそうです(^^)♪

[今日の金沢]

菊姫 (お酒:菊姫合資会社)

少し前に旧鶴来町に行ったとき、遠方からの来客があり一緒に酒蔵も訪ねました。試飲は出来ませんでしたが菊姫さんのたたずまいは何ともノスタルジーを感じる素敵な建物でした。

4.jpg

新酒が出来ると酒蔵には杉玉がぶら下がり、良いお酒が出来たと報告になると言うのも私はこちらの杉玉をみて知りました。(のれんの前に掛かってるのが杉玉です。飾り立ては緑色)

2.jpgほら良い感じの建物でしょう(^^)♪

中にはいると事務所のような雰囲気の部屋、こちらも凄くレトロな感じがしていいのです。たくさんの菊姫さんのお酒がズラズラと並んでいて、私は飲みたいなぁ〜などと眺めておりました。笑

3.jpg 壁掛け時計などなんだかレトロで懐かしい感じがいいでしょう p(#^▽゜)q

そう言えば菊姫合資会社さんからずっと奥の方へ歩いていくと白山比め神社
がありますが、初詣の頃には旧鶴来の酒蔵二つのお酒が御神酒で飲めます。
ちなみにもう一つの酒蔵さんは小堀酒造
さんです♪
どちらも美味しいですよ★

ちなみに私は菊姫さんの御神酒を戴きました。升酒でワンコインで買って飲んで、その時の升は戴いて帰ったんです。

菊姫というとシラヒメ神社の主神菊理姫様にちなんだ名前に思えて響きが綺麗ですよね。小堀酒造産も同じ町にあり綺麗なお店を構えてらっしゃって、試飲などもさせて下さいます。

旧鶴来町にいらしたらノスタルジックな鶴来街道をぜひ散策してみて下さいね。良いところですよ。

ちなみに金沢市内からは野町駅から電車が鶴来へ向かって出ています。鶴来か中鶴来で下車されると丁度散策によいかも知れません。5.jpg


■菊姫合資会社さんのホームページ

[今日の金沢]

香水 「金沢オードパルファム」♪

先日も金沢屋通信でお知らせ致しましたが、金沢市観光協会と資生堂が協同で作ったという「金沢オードパルファム」というご当地香水の発売日が迫ってきました。

残念ながら当社では発売はしておりませんが、結構な数のお問い合せが殺到しているとラジオのニュースで評判を耳にしました。

現在金沢に暮らす方だけでなく、金沢にゆかりのある各地の方からの問い合わせも多いそうです。初回は5000本のみの販売となるそうです、欲しい方は逃さないように要チェック!

金沢の中心街にある尾山神社の梅の木の香りなども盛り込まれた香水は一体どんな香りでしょうか。新しいお土産品として定番になるといいですよね★

来月6月1日、金沢市内の百貨店やホテル、資生堂各店から発売されます。ラジオで聞いたところによるとお問い合せが多く前評判も好評なため、離れた地域の方にもお買い求め頂けるようにインターネット販売も予定しているそうです。

それでは・・・・私が撮影した尾山神社の写真も個々に貼り付けておきましょう。爆!

1.jpg

尾山神社の境内の写真です♪(撮影:松原陽子♪)

■金沢市観光協会さんの 「金沢オードパルファム」紹介頁

2006年5月24日

[金沢屋・商品について]

掲示板へのお問い合せについて

いつも金沢屋をご利用頂きまして誠に有難うございます。
この度は、金沢屋掲示板へお問合せをいただきまして誠に有難うございます。

お問合わせの醤油と生醤油に使用されている塩分量の件ですが、結果から申しますと、基本的に醤油と生醤油に使用されている塩分量には違いはないそうです。

金沢屋で取引させていただいております(株)ヤマト醤油味噌さんに確認しましたところ、醤油・生醤油の塩分としては共に約16%程度の割合でだそうです。

また、醤油と生醤油の違いはといいますと、「生醤油」を火入れをした状態のものが「醤油」となります。(「生醤油」は文字通り生の醤油です)

尚、うすくち醤油というものがありますが、これは薄口といいましても味が薄いというわけではなく、醤油の色が薄いということらしく、塩分量は約16.5〜17%程度と前述の醤油・生醤油に比べ塩分の割合は少し高いそうです。

つきましては、お問合せの醤油と生醤油の塩分量割合の件に関して、どちらのほうが塩分量が多い(少ない)などの相違はないそうです。


以上、この件につきまして何かご不明な点などございましたら何なりと金沢屋事務局までお問合せ下さいませ。
早急に確認させて頂きます。

この度は、掲示板へのお問合せ誠に有難うございました。

[日々雑感]

射干(しゃが)の花

syaga.jpg

このお花この時期よく見かけます。シャガという名前の花です。アヤメ科に属するお花で、中国伝来の花だそうですがとっても清々しくて美しいお花ですよね。

暖かい地方にお住まいの方はもうとっくに見頃を過ぎてらっしゃるかもしれません。「プロだし」でお馴染みの吉田屋さんは、今は白山市となっている旧鶴来町にあるのですが、鶴来の町を歩いているとシャガが一杯咲いているところがあって感動したことを思い出します。

お花はたった一日しかもたないそうで、翌日には枯れてしまうのだそうです。山や崖などにも群生していることがあるので見つけたらじっくり眺めてみて下さいね。山の木下や木陰を好む種類らしいですが、ひっそりしたところで綺麗に咲いていますよ(^^)♪

元々は中国から持ってこられたお花のようですが、種や根を増やす花ではないそうで一体どうして持ってきたのかな??

[金沢屋・商品について]

優しいばんばさん

「夢ごこち」の生産者のばんばさん。お客様からのご注文の確認でそれぞれの生産者にお電話をしますが、実は最近間違って何度か違う宛への電話なのにばんばさんにご連絡をしたことが重なりました。

banba.jpg

この写真の笑顔の通りばんばさんは気持ちのいい人で、「ごめんね!ばんばさん!またまちがっちゃった〜(><;)」と焦って謝ると必ずと言っていいほど「な〜ん、陽子ちゃんボクの声ききたかったんやろう?♪」と言って下さりホッとするのです。

いつもいつも前向きで明るいばんばさんにはオープン以来支えて貰っています。もちろん他の店舗の生産者様も一緒です!(^0^)♪

毎年お正月になるとばんばさんは仕事始めの日にスーツを着て金沢屋事務局に挨拶に来てくださいます。こうしたばんばさんのお人柄が、作ったお米には粘り強い味となってパワーが乗り移っているようです。(^^)V★

ご注文が来るたびに色々な生産者様とお話しも出来て嬉しい限りです。これもお客様のお陰です、ありがとうございます。

これから熱くなってきますがお米を食べて元氣にいきましょうね!

関連リンク

金沢屋・夢ごこち

[金沢屋・商品について]

生チョコ通年販売開始♪(BARハイボールの手作りチョコ)(※現在は取り扱っておりません)

cyoko.jpg
(※現在は取り扱っておりません)
バレンタインに発売し好評だった生チョコの再登場です♪

今回は広坂にあるBARハイボールに来た雰囲気を味わって頂くために、ロックグラスとハイボールさんのコースターをセットにしてのお届けです。

高級なブランデーをふんだんに使った大人のチョコの味をお楽しみ下さい。

早速ご注文頂きましたお客様! (^0^)〜♪ ありがとうございました!

関連リンク

金沢屋・Bar(バー)の生チョコ(※現在は取り扱っておりません)

[日々雑感]

桂の樹 (貴船神社のご神木♪)

kihune.jpg


先日個人的に京都に行って参りました♪どこの神社でもご神木と言われる樹があるのですが、京都の貴船神社の神木は桂の樹とのことでした。最初桂の樹すら知らなくて、見ると樹の脇からたくさんの樹が立ち上がりこのまとまり全部が一つの樹と言うから凄い!と驚いてしまいました。

貴船神社は水の神様とされています。おみくじも水占いという水に浮かべると浮かび上がるみくじもあり水のイメージが一番にきますが、桂の樹の強いイメージがしっかり焼き付くことになりました。

新緑の季節、生命力に溢れた桂の樹と眩しいような緑の葉の輝きからはたくさんのイオンが発せられているようでした。桂の樹は枝が一杯取り巻くように出るところから、八方広がるという縁起の良さもうたわれていました。

みなさんにも桂の樹の元氣をお裾分けです♪

[IT・テクノロジー]

おとこもすなる....

筆頭番頭です。

ブログというのはインターネットで公開する日記のようなものです。
世界的に見てもブログの利用率でみると日本はトップレベルだそうです。
これは日本人のDNAにある日記好きと無関係ではないように思えます。

日本には古くから「土佐日記」、「蜻蛉日記」、「十六夜日記」など、日記文学があります。
そもそも日記とは、人に読まれないことを前提としていますが、ブログは人に読まれることを前提として書かれます。その内容は事実の記録である必要はなく、フィクションであってもいいのです。

「おとこもすなる...」で始まる土佐日記、男である作者が女のふりをして書く物語。
紀貫之は日本最初のブロガーだったのかもしれませんね。

2006年5月22日

[金沢屋・商品について]

ブログ始めました

今までの金沢屋通信をブログスタイルで新たにスタートします。
感想などを簡単に投稿していただけますので、これまでの掲示板のような感覚で気軽にコメントしてくださいね。
下の「コメント」というリンクをクリックしてください。

コメントはすぐには反映されません。投稿してしばらくしてからもう一度アクセスしてみてください。

それでは、新しくなった金沢屋通信、スタッフ一同みんなで書きますので、よろしくお願いします。

[日々雑感]

ご当地野菜

京の街を歩いていると「ほんまもん 京野菜」たしかこんなふれこみだったと思いますが、京野菜がザルにギッシリ詰まっている写真をポスターにしたものを見かけました。

おみやげ物屋さんでもあぶらとり紙、ほうじ茶、生麩などなど、金沢と京都の土産物と似たものが結構とありました。

小京都金沢と良く言われますが少し似てるのだなぁと改めて感じたりもしました。金沢の料理屋さんでは特に的を絞って売り文句にしてではなくて、各お店などで地元の野菜を当たり前のように使ってメニューにしていたりしてますが、さすが京都♪「京野菜を食べさせる店」と看板に書いていたり、的を絞った感のするお店がチラホラとありました。

地元でしか味わうことの出来ない物、そうしたお店はやはり人気でたくさんの人が早い時間から店を埋め尽くしていました。

食育などでご当地野菜にどんどんとスポットライトが当たるようになってきていると思いますが、それぞれご当地の野菜や食物などはもっともっと大いに取り入れたり大切にすべきだと感じました。そして旅をされたなら、ぜひその地方ならではのものをたくさん召し上がっていただきたいです。

2006年5月21日

[金沢屋おりふしの便り]

棒茶も新茶になりました。

八十八夜からすでに二十日、いまさら新茶 ?
早いものは四月中にすでに店頭に並んでいたと言われそうですが、[加賀ほうじ棒茶]は、いよいよこれからが新茶の季節です。

ここで、ほうじ茶について一言。
一般的なほうじ茶は、一番摘み、二番摘みで残った硬い葉を摘んだ番茶を焙じたもの。
けれども加賀棒茶は茎や軸を焙じてつくります。
金沢のほうじ茶は材料がちがうということです。

なかでも松風園茶舗の[加賀ほうじ棒茶]は稀棒(まれぼう)と呼ぶ細さ、長さのきちんとそろった茎が材料です。
だから炒り方にムラが出ず、香り豊か。
雑味がなくて、さっぱりとしています。

新茶はそのほとんどが煎茶。
棒茶の新茶はあまり見かけませんが、やはりほうじ棒茶といえど、新茶はちがいます。
若葉の清々しい香りをいかして、浅めに焙じています。
ご年配の方からお子様まで、また食後の一杯に、やさしい味わいでどなたにもお勧めできます。

また今回は新茶時期限定の商品、[白折新茶]も販売します。
[加賀ほうじ棒茶]のもととなる緑茶[白折]です。
焙じてありませんので、緑茶ならではの爽やかさをそのままお楽しみいただけます。
白折は茶葉の緑茶に較べると、軽い味わいと淡い水色が特徴です。

[加賀ほうじ棒茶]で香りを、緑茶[白折]で清々しさを、金沢のお茶二種でくつろぎのひとときをおすごしください。

■[加賀ほうじ棒茶]紹介ページ
http://www.kanazawa-ya.com/cgi-bin/WebObjects/Kanazawaya.woa/wa/product?01101

-------------------------------------------------------

 金沢屋事務局
 石川県金沢市彦三町2−2−18 FIXビル4F
 http://www.kanazawa-ya.com
 customer@kanazawa-ya.com
 tel.076-232-1139 fax.076-232-1130
-------------------------------------------------------
※メール配信の停止は、「配信停止」とご記入のうえ、
 このメールをこのままご返信下さい。
(配信停止作業はスタッフが手作業でおこなう為、
 停止までに数日かかります。何卒ご了承ください)

[日々雑感]

伏見

最後に行ってから10年以上経っています。凄く久しぶりで伏見へ行ってきました。土産物屋さんも少し小綺麗になっていました。

伺ったときに丁度巫女さんの舞と、宮司さんの祝詞があって左右両耳に贅沢に声が響いていました。伏見稲荷の舞はとっても美しくお琴、笛、太鼓としずしずと良い感じでした。琴と太鼓を演奏している巫女さんが二人で歌う声もハモっていてとても美しかったです。

宮の中を工事もしていたためいつもとは違う順路で尾山巡りもしました。たくさんの無数の社が建っていて立ち寄ったお店の方に伺うと願い事が叶った方がお礼で社を建てて、他の方にもお参りをして下さいと寄進をされた物だとのことでした。

その量の多さ豪華さはなかなか他の神社では味わうことのない世界でした、それだけ民間信仰にとけ込んで居るのだと感じました。

白いお餅に矢をうちはなったとき、そこから白鳥が飛び立ってその場に稲の穂が成ったことから「稲荷」と言われているそうです。衣食住に困らない神様としてたくさんの信仰を集めているとのことでした。

おもかる石という願い事をはかる石がありました。重くも感じましたが結構高くスッと持ち上げられたんですが叶うのかしら???当たるでしょうか???笑
皆さんも伏見に行かれた際には、本殿以外にも見所は沢山ありますのでゆっくりと散策してみて下さいね。

2006年5月20日

[日々雑感]

サツマ芋の苗♪

先日知り合いの所へサツマイモの苗を送りました。近江町市場に出かけた際に見かけたので送ることに。

能登産サツマイモの苗なのですが、到着した友人達からはそれぞれお礼の報告が来ました。庭に植えた人、畑に植えた人、働きだして忙しくなって畑は辞めたけれど、職場に園芸場所があるのでそちらに植えました等々、結構喜んでくれているので嬉しかった。\(^0^)/☆

秋の収穫の頃、どんな報告がくるかとても楽しみです。
金沢屋の五郎島金時、今は販売を中止しておりますが今秋には又美味しいお芋をお届け出来ると思います。このところ日照時間が短かった金沢ですが、そろそろ夏日のような強い日差しの日も増えてきています。

秋の実りに向けてそれぞれ農家の皆さんの作物がスクスク育つのを願ってます。

(ー人ー)「実れ〜 実のれぇ〜〜〜♪」

2006年5月19日

[日々雑感]

オーラが流行?

「オーラ」結構今ブームの言葉かも知れませんね。確かにあるとは思いますが、この頃雑誌の企画やふれこみ、商品の宣伝にまでオーラの文字が盛り込まれています。

先日友人宅におじゃますると読みかけの本が。そこにも「オーラ」と書いてありました。確かにあるのだろうとは思いますが、宣伝やふれこみなどであまりに見かけるとゲンナリしてしまう自分です。

先日改めて漫画を目にしました。少女漫画などは特に恋のウキウキ感であったり、ショックやゲンナリした様子など分りやすく背景が描かれています。まさにあれこそオーラの劇画化ではないのでしょうか。

オーラ続きで漫画という文化の凄さをマジマジと実感出来ました。漫画って凄い。
嬉しいときやらきらびやかなときには花を背負ってるって言いますよね。あれってオーラのことだったんですね。笑

\(^0^)/ ☆ !  誰でも目に見えるオーラが漫画の世界にはあるんですね。

2006年5月18日

[日々雑感, 金沢屋・商品について]

水道水とミネラルウォーター

先日ティブレンダーの熊崎俊太郎氏がラジオで話しているのを聞いた。日本の水は素材の良さを引き出す軟水が多いので、特別にミネラルウォーターで入れなくても水道水で充分美味しい紅茶は出せるとおっしゃってました。

「ミネラルウォーターは調味料代わりに使って下さい」

[ Σ( ̄◇ ̄;) !? ええぇ! ちょちょちょ 調味料として !? ]
熊崎俊太郎氏はミネラルウォーターの使い方のアドバイスも添えてらっしゃったが、そんな繊細な世界私には利き紅茶出来ないかも知れない。いや、多分解らないだろう!♪
[ (*´Д`) ←ほらここに違いが分らない女?が1人・・・。 ]


美味しい紅茶を入れるコツ(^−^)♪
水道水で良いのでグラグラ沸騰させたお湯を、茶葉の入ったところへ流し込んで茶葉を踊らせて良く出して下さいとおっしゃってました。

ティパックの場合は1つのパックでコップ1杯分として抽出が目安。ティパックの成分が良く出るようにと降らないで下さいとのアドバイス。
[ 結構やりがちですよね(^^ゞ ]

2杯以上を出したいときには鍋などで2杯分を抽出し、出来た紅茶をコップへ分けるほうが良いらしいです。その時も1杯分の水に対してティパック1個を目安に。必要な量を加減して下さいね。

ウーロン茶と紅茶、元は一緒と言いますがどちらも香りや味は全く変わりますよね。金沢屋の定番のお茶でもある「ほうじ棒茶」、お茶屋さんの煎じ具合によって香りや味わいが全く違います。

松風園さんのほうじ棒茶は深入りが特徴。まろやかでありながら少し香ばしいのが魅力です。こちらもアツアツのお湯をザッと注ぎ、蒸らしはお好みで30秒〜1分ほど(短めでも大丈夫です)、器に注ぎ召し上がってみて下さい。
おいしいですよ☆

金沢は軟水ですのでお茶を味わうにも良いかもしれませんね。
各地に旅行に行かれた際には、ぜひとも湧き水やご当地のミネラルウォーターをおみやげにして、帰ってからその水でお茶やコーヒーを味わってみるのも良いかもしれません。

(^−^)♪  

2006年5月 6日

[金沢屋おりふしの便り]

あやめの目印は黄色、だから[あやめもち]の餡は黄色。

いずれあやめか杜若(かきつばた)、どちらも優劣つけがたく美しい花ですが、あやめ、杜若、花菖蒲の三つの花は似ています。
紫や白など花の色や開花時期もほとんど同じ。

そこで調べてみました。
しだれるように垂れた三片の外花蓋(花弁とガクの部分)の根元あたりが黄色いのが、あやめです。
花びらにあたる部分の中心が黄色なら、その花はあやめ。
深い紫や白の花びらに、ほんの少しの黄色がアクセントになっているんですね。

そういえば[あやめもち]の餡は黄色。
加賀野菜のひとつ、五郎島金時を使った餡です。
餅皮のうす紫に包まれて見えませんが、食べると淡い黄色が顔をのぞかせます。
食べた人だけがわかる[あやめもち]の秘密。
[あやめもち]はあやめの特徴をあざやかに映しとっています。

ほっくりとした五郎島金時餡をもっちりとした餅皮で包み、最後に手でひねってあやめの花になぞらえる。
色も形も初夏の風情です。
人気の高まりとともに初夏の限定品から、通年販売になりましたが、やはりこの時期にこそ食べたいお菓子。
もちもちとした作りたてのおいしさをいつでもお楽しみいただけるよう、冷凍でお届けします。

※菖蒲は葉で見分けます。葉の中央に突起脈があります。


■[あやめもち]紹介ページ
http://www.kanazawa-ya.com/cgi-bin/WebObjects/Kanazawaya.woa/wa/product?07001

-------------------------------------------------------

 金沢屋事務局
 石川県金沢市彦三町2−2−18 FIXビル4F
 http://www.kanazawa-ya.com
 customer@kanazawa-ya.com
 tel.076-232-1139 fax.076-232-1130
-------------------------------------------------------
※メール配信の停止は、「配信停止」とご記入のうえ、
 このメールをこのままご返信下さい。
(配信停止作業はスタッフが手作業でおこなう為、
 停止までに数日かかります。何卒ご了承ください)

金沢屋

金沢屋
加賀・能登・金沢の逸品を通販してます。一度ご覧になってみてください。

会員登録について
登録はもちろん無料です。メルマガで旬の季節商品情報などをお届けしています。

Follow kanazawa_ya on Twitter Follow me on Twitter

金沢屋の過去の記録

ブログ導入以前の金沢屋の記録はこちらをご覧下さい

おすすめ

株式会社フィックス