金沢屋日記・ブログ 金沢・能登の情報や、お料理レシピ、生産者やスタッフの日記をお伝えします。

Powered by
Movable Type 5.04

【2014年02月】

2007年3月28日

[今日の金沢, 日々雑感]

被害の様子(輪島市・長井均さん作業場)

被害に遭われた生産者の方々へのお見舞いで能登に行きました。

断水しているという事で、お水を差し入れに行った際、作業場の様子を了解を得て撮影させて頂きました。

jishinn-1.jpg

jishinn-2.jpg

(輪島塗夫婦椀:長井均さんの作業場)


今回災害に遭われたみなさま、避難所生活を送られているみなさまへ
心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早い復興・回復をお祈り致します。

[今日の金沢, 日々雑感, 金沢屋・商品について]

能登半島地震について

いつも金沢屋をご贔屓頂きまして誠に有難うございます。


すでにご存じの通り、3月25日(日)に発生した能登半島地震に関して、
みなさまより沢山のお見舞いのメールを頂戴しており、この場をお借りしまして
心から御礼を申し上げます。


報道の様に今回の地震で亡くなられた方もいらっしゃいますし、
まだ大勢の方が避難所生活をされているような状況です。

金沢屋の生産者の方の中にも地震発生から連絡がとれない方もおり、
昨日、私ども金沢屋スタッフも現地へ出向きました。

金沢から能登への主要道路である能登有料道路も途中から通行止め、
一般道を走っていると陥没や隆起、亀裂などが段々と目立ち始め、
あらためて地震というものの怖さを感じました。


幸いにも金沢屋の生産者のみなさんは怪我などはされていらっしゃらないご様子で
とりあえず一安心しました。

が、家屋や店舗の壁にはヒビが入っていたり、
特に被害が大きいと言われる輪島市の輪島塗夫婦椀の生産者、長井均さんの作業場の様子は大変な状態でした。 また、珠洲市にある七輪の丸和工業さんでは破損した七輪を処分するのにトラック4台分を要したそうです。

※尚、今回の地震の影響により金沢屋での一部の商品につきましては、
販売を休止いたしております。何卒ご理解下さいますようお願いを申し上げます。

今朝も能登では震度5弱の余震があったそうです。
金沢市でも身体に感じる揺れはあります。

まさに今も余震で揺れを感じましたが、被災地にいらっしゃる方々の不安感の比でないことだけは確かです。


今回災害に遭われたみなさま、避難所生活を送られているみなさまへ
この場をお借りし、心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早い復興・回復をお祈り致します。

※尚、次回のお客様大賞(第3回)は、誠に勝手ながら延期とさせて頂きます。

2007年3月27日

[今日の金沢]

募金、義援金

こんにちは。
金沢屋の松原陽子です。
みなさまにはたくさんの地震へのお見舞いメールをいただきありがとうございました。
この場を借りてお礼を申し上げます。

昨夜地震情報の番組を帰宅してから見ていました。
色々な募金や義援金の情報もありました。

本日は実は金沢屋のスタッフが2名現地に見舞いに向かっています。
私はそのようなことが出来ないので募金をしようと思ってたところでした。

個人ブログなどでも12年前の阪神大震災を思い出したり、今回の能登地震の事を心配してくださっている記事を見かけます。

私が出来ることとして、隣のコンビニの募金箱に少し入れてきました。
昨日は朝から夜までたくさんの余震があり、事務局もグラグラと揺れていましたが、本日は少し弱い余震となっています。

みなさまのお気持ち、お力添え宜しくお願いします。
未だに避難所にいらっしゃる方、家が半壊、倒壊した方のこと心よりお見舞い申し上げます。
一日も早くそういった皆様が日常の生活に戻られますように願っております。

2007年3月26日

[今日の金沢]

能登沖地震被害状況

事務局宛にたくさんのお見舞いメールをいただいております。
ご心配いただきましたみなさまに改めてお礼申し上げます。

金沢市内は被害もなく、交通網、ライフライン等も平常通りです。
金沢屋事務局も通常通り業務を行っております。
しかしながら、被害の大きかった能登地区への大動脈である能登有料道路が一部崩落しているため、一部商品の配送に影響が出ております。
これらの商品を既にご注文いただいたお客さまには、個別にメールでご連絡を差し上げております。

現在、生産者と連絡を取っておりますが、震源に近い輪島市では、在庫破損、断水などの被害にあわれている方がいる模様です。

2007年3月25日

[今日の金沢]

石川県能登半島沖地震 震度6

2007年3月25日午前9時42分頃、石川県能登半島沖地震 震度6がありました。
私は石川県金沢市の自宅に居ました。
我が家の被害状況は特にありませんが、5階建てのアパートの3階に住んでいるので揺れが大きかったでしょうか。
子供たちは急いでテーブルの下へ避難させました。

20秒〜40秒程の揺れだったと思います(実際は短いのかもしれません)
現在、10時32分を過ぎていますが、先ほど電話をかけてみましたが、まだどこにも繋がりません。
もうすぐで地震発生から1時間が経ちます。

皆様の安否が心配です。
金沢屋の生産者の方の安否なども心配です。また、先週オープンしたホテル兼六の金沢屋店舗の様子なども気になります。
また、金沢屋のお客様の中にも地震を経験された方もいるでしょう。
個人宅、お店、職場など様々な環境があるので皆様の様子が心配です。

2007年3月23日

[今日の金沢]

会食

先日の夜、精進料理の老舗「寿屋」さんで目利き委員様との金沢屋スタッフの会食がありました。

0703023-1.jpg

春を感じささせるメニューとともに、精進料理とはいえ、お刺身も出たりなんかして美味しいお料理を食べました。

0703023-2.jpg

終始和やかな雰囲気で美味しい会食が進みました。

0703023-3.jpg


お刺身の白いのは松の美を使った精進です。
左にある酒を煎ったものをつけていただきます。
さっぱりしていながら木の実の香りがして美味しかったです。

2007年3月19日

[今日の金沢, 日々雑感, 金沢屋・商品について]

本日オープン!「兼六城下町」(金沢屋リアルショップ)

「金沢屋はインターネットの中にあります。」

これは金沢屋のテレビコマーシャルの最後に流れるナレーションの一部ですが、
遂に金沢屋はインターネットから飛び出してしまいました!
(金沢屋のTV-CMは、北陸朝日放送にて放映をしております)

日本屈指の観光地のひとつ、兼六園は桂坂口付近に本日3月19日(月)、
金沢の魅力をちりばめた新しい遊空間「兼六城下町」が誕生しました!

joukamachiimg4.jpg

宿泊施設、お食事処、ギャラリーやお土産処などが併設された「兼六城下町」。
そのお土産処「いちがいもん」の一角に金沢屋のコーナーが設けられております。

joukamachiimg3.jpg

わき見、寄り道、ひと休み・・・「兼六城下町」

■お泊り処「ホテル兼六」

 コンセプトは「旅先だけど、自宅の寝室でくつろぐようなやすらぎ」
 無駄な装飾、過剰なサービスは排し、心がのびをするような一泊を。


■お食事処「味まっし・喜まっし」

 日本海を真近に控えた金沢。新鮮な旬の素材を用い、和・洋・中の
 お料理の彩々をご堪能下さい。


■ギャラリー「金沢物語」

 伝統の技に、現代の清新な息を吹き込み、若き工匠だちが造り上げた
 工芸・美術品を展示。


■お土産処「いちがいもん」

 ”いちがいもん”とは金沢弁で一徹者のこと。どこでもある物ではなく、
 「ここにしかない」にこだわって、老舗の味、名産品をはじめ、
 オリジナル開発商品をとり揃えてあります。

joukamachiimg2.jpg

joukamachiimg6.jpg

そのほか、ご宴会処「宴座」や集いの広場「祭座」など、
金沢の味、技、美、憩・・・百万石の粋、風流を見て、触れて、感じて、味わう新名所、

兼六園 桂坂口から徒歩1分「兼六城下町」。
兼六園にお越しの際には、帰りにちょっと寄り道してみて下さい。

「兼六城下町」 2007年3月19日(月)グランドオープン!
(ホームページは一部準備中になっています)
http://www.k6-j.co.jp


2007年3月16日

[金沢屋おりふしの便り]

[三月六日/啓蟄]金沢屋おりふしの便り

●滝の白糸の水芸を春の金沢で

ことしこそ春の金沢にお出かけになりませんか。
お花見なら兼六園、そして浅野川です。

旅の予定には四月七日から始まる「浅の川園遊会」をぜひ加えてください。
八日の本祭では河川敷に仕立てた芝居小屋風の舞台で、水芸や金沢の芸妓衆の踊り、
素囃子が艶やかに演じられます。

泉鏡花の「義血侠血」を原作にした新派でおなじみ「滝の白糸」はここ浅野川が舞台。
ことしは水谷八重子さんによる水芸が披露されることになり、
話題を集めています。
桜並木を背景に、人力車に乗って登場するあでやかな滝の白糸。
水芸は水からくりとも呼ばれ、水を自在に操り、かけ声とともに手にした扇子などの小道具から水を出します。

桜のもとでお茶を一服、花見弁当を肴にお酒を一杯、眼福と口福、同時に満足のひとときです。

その浅野川を下流にたどると日本海にそそぐ河北潟です。
かつて河北潟は小魚漁が盛んでしたが、現在では干拓が進み、農地が広がっています。
金沢屋でもおなじみ、本さんの蓮根田、そしてホリ乳業の牧場も河北潟にあります。

自社で有機栽培した牧草を飼料に与えた乳牛の、新鮮な搾りたて牛乳を発酵させた[腸内活性ヨーグルメイト]には多くの特徴があります。
[ヨーグルメイト]だけのエンテロコッカス属(乳酸)菌や酪酸菌を摂ることができます。
これらは腸内に定着しやすいヒト由来の菌なので、腸を活性化しやすいといわれています。

まろやかでクセが少なく、なんといってもおいしいから無理なく続けられる健康習慣です。
朝ご飯やおやつに、[腸内活性ヨーグルメイト]で、健やかにおすごしください。

 
■[ヨーグルメイト]紹介ページ

 

2007年3月15日

[今日の金沢]

写真

職場から自宅に帰るまでに途中ある武家屋敷。
と言っても私はここをとおりませんが、土日などにはこの辺りを自転車で走る事もあります。
まばらですがいつも観光客の方がいらっしゃいます。

030.jpg

デジカメやカメラを持って撮影される方も多いのでそんな時はよけながら通ります。笑

今度知人がこちらを撮影したいと言っているのでカメラ好きの人の撮影に付き添ってみようかと思います。
そんな時って会話していいんですかね???笑

私はのんびり付き添おうと思います。

2007年3月 8日

[今日の金沢]

今日も降っています

070308-1.jpg


今日の石川門です。

桜が咲くとこの辺りはとっても美しい景色となります。

今年は全く雪がなく、九州並みのお天気だった金沢ですが、昨日に引き続き雪が降っております。

只今金沢上空で冬将軍が最後のおお暴れ中です!!

2007年3月 7日

[金沢屋おりふしの便り]

[二月十九日/雨水]金沢屋おりふしの便り

●ほんのり甘い雛まつり

お正月をすぎた頃からでしょうか、デパートには早々と雛人形が並び始めました。
いくつになっても女性は雛人形が大好き。
ちりめん細工のお雛様や素朴な土の雛人形、ガラスのお内裏様などを、
少女のような笑顔で眺めています。

雛人形といえば雛菓子。
金沢には金花糖(きんかとう)と呼ぶ砂糖菓子が伝えられています。
桃や鯛などをかたどった木型に砂糖蜜を流し込み、冷やし固めて色付けした
甘い甘いお菓子です。
ほかには雛あられや飴細工など、優しい色あいの雛菓子が、そこまでやってきた春を告げています。

今年は暖冬とはいえ、やはり春の訪れは嬉しいもの。
[雛の上生菓子]で甘い三月をお楽しみください。

金沢屋の[雛の上生菓子]はお内裏様や春景色を映したお菓子など、
愛らしさを詰め合わせました。
浜口長生堂の上生は、さらりと後味が良く、いつまでも甘さが舌に残りません。
口どけの良さ、上品で控えめな甘さが金沢でも人気のお店です。

雛のお茶会に、気軽なティーパーティに、また初節句のお祝いにもご利用ください。

[金沢屋・商品について]

お客様からの声より (金沢寺町ざるチーズケーキ、宝づくし」ひとひら 購入のお客様)

先日金沢屋にて「金沢寺町ざるチーズケーキ」「宝づくし(ひとひら)」をご購入くださったお客様よりお客様の声をいただきましたので、掲載させていただきます。
hitohira.jpg

chi-zu.jpg

-----------

■もっとバラエティがあったらよいと思います。加賀友禅や、金沢限定キティグッズなどもあるといいのでは?


-----------

ありがとうございます。
この地域限定の物は他にもたくさんございますので、少しでも色々な品を紹介してゆけたらと思います。
金沢屋では目利き委員会を設け、そこで目利きした商品のみの展開の為、数はまだまだ少ないですが、これからもみなさまに安心してお買い上げいただける品を紹介してゆけるように頑張ってまいります。
どうぞ宜しくお願いたします。


色々なお客様の声が今後の金沢屋を作っていく原動力となります。みなさまもどんどんブログへのコメントや、お声をお聞かせくださいね。

[今日の金沢]

なごり雪? 金沢に雪が!

昨日少しチラチラとはしていたのですが、今朝起きてビックリ。
そんなに一生懸に降らんでもいいがに・・・。と思うほど、引っ切りなしに降っています。

070307.jpg

ちょっここれ見てください。ほらっこれっ。

これってみなさまが想像されている金沢じゃないでしょうか。

070307-1.jpg

スノータイヤを換えている人に「もう降らないかと思って」と同意を求められ、「いいと思うよ〜♪もし降っても直ぐに溶けるよ〜♪♪♪」なーんて言ってしまった事を激しく後悔しております。

070307-3.jpg

ほら見てください・・・。
大粒がここぞとばかりに降っています。
現在金沢上空で冬将軍が大暴れ中。

昨夜帰りにイルカのなごり雪を口ずさんでいたのですが、今朝は一面銀世界に圧倒されて「なごり雪どころじゃないし・・・。」と唸ってしまいました。

ああ、雪吊を外したお宅もあるだろうに、タイヤを換えてしまった方ももう少し待っておけば良かったかも
?と思われているのではないでしょうか。

通勤時には今朝は冬物コートをだして着ている人が沢山居ました。

2007年3月 6日

[金沢屋おりふしの便り]

金沢屋おりふしの便り[二月四日/立春]

●ふるさとの海を眺めて眠る牡蠣

毎日の食事に欠かせない調味料といえば醤油。
現在の醤油は大豆や小麦などの穀物でつくった、いわゆる穀醤ですが、
穀醤よりさらに歴史が古いのが魚醤、秋田のしょっつる、能登のいしる、いしりなどです。

しょっつるはハタハタ、いしるはイワシ、いしりはイカの内蔵に塩を振って発酵させ、
その上澄みを使います。
タイのナンプラーやベトナムのニョクマムなど、日本だけではなく外国にも魚醤はあります。

魚醤は醤油より旨味が濃く、独特の風味はそれぞれの地域で個性ある郷土料理を生み出してきました。
能登のいしりやいしるは鍋料理や煮物に、また大根や茄子をいしり汁に漬けたべん漬けは、野菜に魚の旨味が加わった珍しい漬物です。

魚醤のふるさと能登にまたひとつ新しい味が生まれました。
[かきいしり]です。

能登半島・七尾湾に育った新鮮な牡蠣をそのまま塩漬けにして一年以上仕込みます。
波おだやかな湾を望む牡蠣小屋で静かに静かに発酵させ、ゆっくりと上澄みだけを漉して瓶に詰めました。

牡蠣鍋に、湯豆腐に、青菜のかけ醤油に、上品な牡蠣の旨味と香りをお楽しみいただけます。
野菜いためやドレッシングの隠し味にも使えます。

また今シーズンから容量を増やし、たっぷりとお使いいただけるようにしました。

きょうは立春。

[牡蠣いしり]鍋で名残りの冬を、菜の花のおひたしにかけて新しい春をお楽しみください。

■[牡蠣いしり(牡蠣みそ付き)]紹介ページ
kakiishirimiso.jpg

[金沢屋・商品について]

お客様からの声 (お客様大賞第1回当選者様)

先月第一回お客様大賞が5名様決まりましたが、当選させれたお客様のamano様からご感想を戴いておりましたのでお伝えします☆

---------

[ amano]さまからのお声♪

この度は、お客様大賞に選んでいただきまして、ありがとうございました。
当選商品、美味しくいただきました。特にコーヒーは、非常に家族の
評判も良いので、自分でも是非購入してみようと思います。

本当にありがとうございました。

---------

現在は第二回お客様大賞を開催しております。
ぜひぜひみなさまもご応募くださいね♪
3月度お客様大賞−春編
応募はこちらから☆↑

[今日の金沢]

おはようございます、金沢屋の松原陽子です。
本日の金沢は朝から時雨れており、雨が降っています。昨夜は大変豪雨の時間帯もあったりして、一雨ごとに暖かくなっていくのを感じます。
・・・。

一雨ごとっていうか、暖かくっていうか・・・。
異常気象!!なんか今年は暖かくなるのがやはり早い気がしますね。
写真がなくてすいませんが金沢は現在梅が満開です♪

木々の新芽も膨らんだり、綺麗な葉先の色を力いっぱい溜め込んでいるのを見かけます。 
梅といえば金沢にゆかりの深い花の一つです。

umebachi.jpg

金沢にゆかりがあったり、歴史に詳しい方ならご存知かもしれませんが、これは梅を模った家紋、前田家の梅鉢紋です。
前田家にゆかりのある金沢の寺院などでは時折この紋が入った扉などがあります。

梅を見るたびに、この梅鉢紋を思い浮かべるのは金沢の人の一つの性になっているかもしれませんね。
沢山の家紋がそれぞれのお家にあると思いますが、みなさんは自分のお家の家紋をご存知でしょうか。
私は・・・・。一度習ったのですがもう忘れてしまいました。笑

昔の人たちは家や一族を栄えさす事を今以上にきっと大切に大切にされていたのですね。家紋を見るとそんな風に思います。

金沢屋

金沢屋
加賀・能登・金沢の逸品を通販してます。一度ご覧になってみてください。

会員登録について
登録はもちろん無料です。メルマガで旬の季節商品情報などをお届けしています。

Follow kanazawa_ya on Twitter Follow me on Twitter

金沢屋の過去の記録

ブログ導入以前の金沢屋の記録はこちらをご覧下さい

おすすめ

株式会社フィックス