金沢屋日記・ブログ 金沢・能登の情報や、お料理レシピ、生産者やスタッフの日記をお伝えします。

Powered by
Movable Type 5.04

【2014年02月】

2008年7月31日

[日々雑感]

今日は何の日? (7月30日)

今日、7月30日は「プロレス記念日」だそうです。

その昔、街頭テレビで力道山が外国人選手をなぎ倒すのを観て
日本中をアツくしたというプロレス。

そして男の子なら誰しも一度は興味を持った時期があるのでは?

私もその一人。
中学1年の時、クラスメイトと3人で初めて
プロレスの試合(新日本プロレス)を観に行きました。

当時はタイガーマスク(初代)が全盛の頃で、
生でみる空中殺法に興奮したのを今でもおぼえています。

当時はお小遣いの殆どをプロレス関連の雑誌や新聞に費やし、
学校の休み時間になれば、クラスメイトと教室や廊下でプロレスごっこ。

しかし、クラスの中でも、プロレスごっこまでやりたがる人間は少なく、
それほど興味はないのにちょっと身体が大きいというだけで
「お前、アンドレ・ザ・ジャイアントね!」と、
その友達を強引に誘い、2対2のタッグマッチを開催したりしたものです。


その後、そんな一人の少年も立派な?社会人となったある日、
当時、馴染みの焼き鳥屋にて店の主人と、ふとしたことからプロレスの話になり、

「あれはショーだ!八百長だ!」

「イヤ、違う!ショーじゃない!」

と、話がヒートアップしはじめた時、
少し離れて飲んでいたサラリーマンがその話に入ってきた。

その後も、常連数人がその話題に加わってプロレス肯定派・否定派が見事に分かれ、
もつれにもつれ、ついに

「よっしゃ、んじゃ今度○○プロレスが来るらしいから皆で観に行こう!」

という事でその話は幕を閉じた。

(結局、プロレス観戦には行かなかったが、
その後この話に加わったメンバーは数年たった今でも一年に一度必ず顔を会わせている)

街頭テレビから、焼き鳥屋まで、
時代が変わってもプロレスというのは色々と人をアツくさせるもののようです。

今ではいくつもの団体がありすぎてついていけませんが・・・。


【プロレス記念日】

1952年(昭和27)年、
力道山はプロレス修行のためハワイへ出発。
その後、アメリカにて300戦295勝5敗という成績を残し帰国。
翌1953(昭和28)年7月30日に
力道山が中心となり日本プロレスリング協会を設立したそうです。

ちなみにちょっと紛らわしいですが、2月19日は「プロレスの日」。
1955年2月19日、日本初のプロレスの本格的な国際試合とされる
力道山&木村政彦組 対 シャープ兄弟の試合が開催された日だそうです。

2008年7月29日

[金沢屋・商品について]

「どじょうの蒲焼」販売再開しました!!

夏休みに入り、朝から子供たちの声が聞こえるようになりましたね。
そろそろ大人もお盆休み!!
子供ならずとも待ち遠しい限りです。

休暇が取れない!
という方も里帰りなどでみんなが動くこの時期は家族や知人とお食事をする機会がふえますね。

でもお盆の飲食店は大混雑。待つだけで疲れてしまいます・・・。

それならいっそ、家でゆっくり晩酌なんていかがでしょう?

久々に会う家族や友人と、夜風が涼しい縁側で語らってみては?
美味しいものやお酒をいっぱい飲んで、酔ってしまったら、そのまま寝ても大丈夫です。

懐かしい家庭の味と、あと一品。
旬の味があれば最高ですね。

気のおけない人達とゆっくり食べてもらいたい!
夏限定の美味しいものをご案内します。


■どじょうの蒲焼き 【販売を再開しました!】

金沢の夏の定番『どじょうの蒲焼き』なら、会話も弾むはず?
夏バテに効く元気な食べ物です。

金沢のスタミナ食をお楽しみください。

(土用の丑の日の関係で、販売を一時休止しておりましたが販売を再開しました。)


そして、


■「甘えび卵の塩辛」詰合わせ

北陸の「味覚の女王」、甘えびを瓶に詰めました。
さらに、その貴重な卵まで塩辛にしてしまったんです。
子供にはもったいない、大人に食べてもらいたい珍味です。

限定50セットとなっております。数が少なくなってきましたのでお早目に。


2008年7月28日

[金沢屋・商品について]

● 皆口さんの「大玉すいか」予約受付開始のお知らせ●

「大玉すいか」ファンのみなさま、大変お待たせ致しました!
今季の予約を受付いたします。

一年に一度、約2週間ほどの限られた出荷にもかかわらず、おかげ様でこの「大玉すいか」を必ず毎年ご注文いただくお客様や定期的に1個ずつ数日おきにご注文をいただくお客様など、しっかりと「大玉すいかファン」の方がついて頂いており、本当に嬉しく、そして大変有難く思っております。


「大玉すいか」の収穫・出荷の時期は8月上旬からおよそ2週間弱、毎年のことながら、販売期間も短く、数にも限りがあります。


毎年楽しみにされていらっしゃる方も、今年はじめてご注文いただくご予定の方も、ただ甘いだけではない”すいか”本来の味をぜひともご堪能下さい。

*****【「大玉すいか」の発送について】*****

「大玉すいか」は例年8月上旬に出荷しております。
(昨年は8月8日から出荷を致しました。)

今季の発送の詳しい時期はまだ決まっておりません。

出荷可能になりましたら、ご予約順に発送いたします。

お届けまでもうしばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

[金沢屋・商品について]

「ルポーク」・「黒豚」価格改定のご案内

いつも金沢屋をご利用下さいまして誠に有難うございます。


高畑ピッグファームさんの「ルポーク(豚肉)」・「黒豚」をご愛用の皆様には残念なお知らせになりますが、 7月31日(木)14:00にて、販売価格を改定させていただきます。

誠に申し訳ございません。

尚、7月31日(水)13:59までのご注文(8月1日(金)発送分)は、 旧価格にてお申し込みを受付させていただきます。
(※配達指定日はお選びできません)


ぜひこの価格改定前にご注文くださいますようお願い申し上げます。

■「ルポーク」(豚肉)
 旧価格3,990円(税込) → 新価格4,200円(税込)

■「黒豚」(※発育状況により不定期な出荷の為、現在は在庫がございません)
 旧価格5,565円(税込) → 新価格5,880円(税込)


高畑ピッグファームさんでは、原材料・燃料などの高騰の中、さまざまな企業努力で、これまで現行価格を維持してこられましたが、 もう価格改定をせざるを得ない状況となってしまいました。

何卒ご理解いただき、これまで通りご愛用のほどお願い申し上げます。

2008年7月23日

[金沢屋おりふしの便り]

金沢屋おりふしの便り[七月二十二日/大暑]

●土用二の丑には、「う」どん。


きょうは大暑。

いよいよ夏本番、あさっては土用丑の日です。
今年は二の丑があり、八月五日も丑の日です。

丑の日といえばウナギですね。
一の丑は定番のウナギにするとして、二の丑にうどんはいかがですか。

え?、うどん?

そう、うどんです。
丑の日には「う」のつくものを食べるという民間伝承があり、
うなぎもそのひとつだったそうです。

ならば「うどん」でもいいんですね。

[金時草手延べうどん]は加賀野菜のひとつ、
金時草(きんじそう)を練り込んだツルツルうどんです。


生の金時草の葉は表が濃い緑、裏が赤紫。
その赤紫色がさつまいもの金時(きんとき)の皮の色と似ていることから
金時草と名付けられました。

ゆでると独特のぬめりがある金時草の特徴をいかしました。
ツルンと舌ざわりがよく、食欲のない時でもおいしく食べられます。
一本一本、手で細く延ばしてつくるから、麺にコシがあります。
いつでも手軽に食べられるよう、保存性のいい乾麺にしました。

二の丑の八月五日には、[金時草手延べうどん]、
ツルツルうどんで今年の夏を元気におすごしください。

2008年7月22日

[日々雑感]

贈り物大作戦

私事で恐縮ですが、うちの主人は京都出身です。
当然ながら主人のご実家は京都です。
それに対し、小学生の頃から金沢にいる私。
石川のいいところも悪いところもたくさん知っているつもりです。

現在、私たち夫婦は金沢で生活しています。
京都に行くのは年2、3回ほど。
ご実家の方々と会える機会は限られています。

そんな私たちなので、お中元やお歳暮、父の日や母の日には
「石川の名産品を贈って喜ばせよう」と
いつも気合いが入ります。

お菓子がいいか、お酒がいいか。
お茶なんかもいいかもしれない。

考え抜いて選ぶわけですが、
残念なことに反応はいつも同じです。
「送ってくれてありがとう。このお菓子は京都の〇〇に似ていて美味しいね。」
というセリフなのです。

なぜでしょうか。
石川の有名なもの、美味しいものを贈っても
似たものは必ず京都にあるみたいです。

ご実家のみなさんは喜んでくれているし、
悪気があって言っている訳ではないこともわかっています。

でも、石川のいいところをもっとわかってほしい!!

半分意地になった私は、考えました。
どうして何を贈っても「似ている」なのか。
冷静になってみると…わかりました。

金沢は「小京都」と言われるくらい、京都に似た町です。
町並みや名産品などに共通点が多いのです。
そんな金沢の物は、京都と「似ている」になってしまうのです。

ふ〜む、それなら何を贈ったらいいんだろう?
「金沢にあって京都にないもの」はなにか。
また、考えました。

それは…魚ではないでしょうか。
地元のお刺身や干物、塩辛は金沢の自慢です。
ご実家は内陸のほうなので、きっと喜んでくれるに違いない。

そう思って、帰省する当日のこと。
あえて贈り物は用意せず、
大量の甘えびを買って、クーラーボックスごとお土産にしました。

するとご家族は大喜び。
「金沢にはこんなに美味しいものがあるんだね」
と初めて言ってもらえました。

大成功です。
これからはこの作戦でいこうと思います。

2008年7月16日

[]

武蔵ヶ辻再開発

今年終わりに、近江町市場に新たな「食」の施設が誕生しますね。

1階は近江町市場を再生し、来年度には、新たに地下1階と2階には飲食店や専門店が出店するそうです。

ダイエーの跡地には、高級ブランド店も出店するという噂の商業施設や、ホテルが建設されるそうです。

武蔵ヶ辻地区に住む私としては、とてもうれしいことです!

omicho.jpg


武蔵ヶ辻のデパート最上階のカフェから見える景色です。

遠くには山が、下には武蔵ヶ辻の再開発の様子、そして我が家もよく見えます。

向かいに住んでいながら、見える景色が全く違うので、時々おじゃましています。

デパートの上層階って、若い方は用がないわぁと思っていらっしゃる方も多いでしょうけれど、ここは、時々アナウンサーさんもくつろいでいる、とても和やかな雰囲気のあるカフェなのでオススメです。

今の近江町市場の雰囲気が好きなので、今後どうなるんだろうと少し不安もありますが、とても魅力的な街になってくれるだろうと期待しています!


[金沢屋・商品について]

一年ぶりの登場!「華クイントマト」販売開始しました!

[華クイントマト]ファンの皆さま、1年間お待たせ致しました!
今年も皆さまにお届けができる季節となりました。

普通のトマトよりはチョット小振りなこの[華クイントマト]。

このトマトはいわゆるミニトマト(プチトマト)よりも少し大きめ、
ふたくち程で食べられるピンポン球くらいのフルーツトマトの一種です。

「あ〜、フルーツトマトでしょ」と思われがちなのですが、 普通のフルーツトマトとはチョット違います。

普通のフルーツトマトは本当にフルーツでも食べているかのように 甘くて美味しくて、私も大好きです。


でも、この華クイントマトはただ甘いだけじゃなく、 ちゃんとしっかりトマトの味がします。

いわゆるトマトならではの香りが鼻を抜けていきます。

「むかし食べてたトマトってこんなんだったな〜」と、このトマトはいつも ちょっと懐かしい気持ちにさせてくれるトマトなのです。

■[華クイントマト]紹介ページ(サカイダフルーツ・南川農園)

南川さんは朝日が昇る早朝からトマトを収穫され、
金沢屋ではその採れたて「華クイントマト」を収穫したその日に発送してもらっています。

2008年7月 9日

[]

ガーデニング初心者

herb.jpgうちのマンションの小さなバルコニーで、ガーデニングするのが最近の楽しみです。

マンションなので、窓ごしに緑もあまり見えなくて、それなら、バルコニーを緑でいっぱいにしよう!!と始めたのがきっかけでした。

とはいっても知識がないので、フラワーショップにいって、「寒さに強い樹をください!」とか、「水だけで育つハーブの苗下さい!」とか言ってるだけです。

ハーブは、ローズマリー、イタリアンパセリ、タイム、オレガノ、バジルを育てています。

ハーブチキンや、お魚の香草焼きは自家製のハーブを使って作り、うちでも好評です。

写真は収穫で刈り込んだばかりなので、小さいですが、ハーブはどんどん育ちます。

たくさんとれた時は、ハーブオイルやハーブビネガーを作って、パスタやサラダ、カルパッチョに使うこともしばしば。

お友達が来てくれた時も、ハーブ料理はサマになるので重宝します。

次は、ハーブティ用にミントやカモミールなんかも育ててみたいなぁと思っています。

2008年7月 8日

[日々雑感]

織姫さまはポニーテール?

北陸地方の人は今朝方の激しい雷雨で目が覚めた人が多かったのではないでしょうか?

ここのところ30度を超える真夏日が続いていたので、
もう梅雨が明けてしまったのかと勘違いするほどでしたが、
明け方(5時頃)にものすごい雨が降りました。(情報によれば1時間あたり約100ミリとの事)
隣で寝ていた家人が、突然起きて窓を閉めている音で気が付きました。


さて、昨日(7月7日)は、言わずと知れた「七夕」でしたね。

車中のラジオでも当然「七夕」についてアナウンサーが話をしてたのですが、
7月7日は「七夕」以外にも色んな「○○の日」があるらしいんです。

いつものように何気なくアナウンサーの声を聞いていると・・・

「え〜、今日は7月7日、みなさんご存知の七夕ですね〜。
他にも今日は「サマーラバーズデー」や「サマーバレンタインデー」という言い方もするそうで、なんでも七夕に因んで意中の人にプレゼントをする日なんだそうですよ。

そしてほかには「川の日」、これは七夕伝説の「天の川」のイメージと、7月は「河川愛護月間」であることからだそうですよ。

え〜、それから〜・・・

「ゆかたの日」、
「竹・筍の日」、
「ギフトの日」、
「乾めんの日」、
「カルピスの日」、
「香りの日」、
「冷やし中華の日」
そして「ポニーテールの日」・・・

と出るわ出るわ!

あまりの多さからか、そのアナウンサーも途中から笑いながら紹介しだし、最後は「なんかもう、何でも来〜いって感じですね〜」と締めくくっていました。


ところで今日は7月8日。

またいつものアナウンサーが、「え〜、今日はですね〜・・・」と始めていました。

因みに7月8日はというと、

・「質屋の日」・・・「しち(7)や(8)」の語呂合せ。

・「ナンパの日」・・・「ナン(7)パ(8)」の語呂合せで見知らぬ異性を誘っても良い日、
だそうなんですが・・・・・。

----------------------------------------------------------------------------------------------

「ゆかたの日」
・・・七夕の日、女の子は色の附いた糸を結び、7本の針と瓜を供え、裁縫の上達を祈り、衣類に感謝していたという中国の故事に因んで日本ゆかた連合会が1981(昭和56)年に制定。

「竹・筍の日」
・・・日本缶詰協会等の産物関係者の話し合いの席上で「竹取物語のかぐや姫が竹の中から生まれた日は7月7日ではないか」という話からこの日に決定された。

「ギフトの日」
・・・七夕は牽牛と織女が年に一度出会う日ということから。

「乾めんの日」
・・・七夕の日に、素麺を天の川にみたてて食べる風習があったことから。

「カルピスの日」
・・・1919(大正8)年、ラクトー(現在のカルピス)が乳酸菌飲料のカルピスを発売した。

「香りの日」
・・・七夕に因んで「化粧品を買ってプレゼントしよう」と販売促進の為に、全国化粧品小売協同組合連合会中部ブロックが1991(平成3)年に制定。

「冷やし中華の日」
・・・この日が二十四節気の「小暑」となることが多く、夏らしい暑さが始る頃であることから。

「ポニーテールの日」
・・・7月7日が「七夕」「ゆかたの日」であり、織姫がポニーテールであることと、ポニーテールが浴衣に似合うこと等から。


(「今日は何の日〜毎日が記念日〜」HPより抜粋させていただきました)

2008年7月 7日

[金沢屋おりふしの便り]

金沢屋おりふしの便り[七月七日/小暑]

●当たり前すぎない、目立ちすぎない。

贈り物はムズカシイ。

先方に直接伺って、ご挨拶とともにお渡しするのなら印象に残るかもしれませんが、
お中元等は配送が多いのではないでしょうか。

届いた。(あ、・・さんからだ)
包みを開けた。(なんだろ、ドキドキ)

さあ、このあとです。


A まあまあ嬉しいけど、実は同じもの、これで3個目。(無難な人だな)
B うーん、趣味じゃないかも。(好みの押しつけ?)
C え?、なになに、ふーん、そうなんだ。(さっそく食べてみよう!)


つまりまあ、定番の王道ど真ん中ではツマラナイし、
かといって趣味の押しつけもしたくない。
一見すると普通だけれど、よく見るとセンスがいい。
やはり、このあたりを目指したいものですね。

金沢の日本料理[銭屋]は現主人で二代目の新しい店ですが、
金沢に[銭屋]ありと評判の名店です。

繁華街から少し離れた小路に[銭屋]はあります。
支店は出さず、本店のみ。

そして[能登豚みそ漬]も[黒豆]もすべて銭屋の厨房で調理し、発送しています。

料亭ではあまり使わない食材、豚肉。
けれども能登豚に出逢って、ぜひ新商品をつくってみたくなりました。

■[能登豚みそ漬]

そして料亭ではおなじみの黒豆。

■[黒豆]

冬なら当たり前ですが、でも夏のおいしさをご存知ですか?
かき氷にシロップごとかける。
黒豆ゼリーにする。
アイスクリームに添える。
そのまま冷やして食べる。

一見すると普通かもしれませんが、
よく見ると新しい、神経が行き届いている、もちろん味がいいのです。

そんな奥ゆかしい贈り物を[金沢屋]でお選びください。


2008年7月 4日

[金沢屋・商品について]

【3日間限定】「5,000円以上で送料無料」キャンペーン!

【3日間限定の送料無料キャンペーン】を開催いたします。

==========「5,000円以上で全商品送料無料」キャンペーン!==========

お買い物金額(税込)5,000円以上で送料無料となります。


★キャンペーン期間★

 【平成20年7月4日(金)15時00分 〜 7月7日(月)15時00分】

にお申し込みの方


★対象★

金沢屋の商品全てが対象です。

例えば・・・

・5,250円の「佃煮(Bセット)」1個だけのご購入でも送料無料!

・2,520円の「加賀紫雲石」2個のご購入でも送料無料!


商品は一つだけでも、他の商品とあわせてもOK!
買い方や組み合わせはもちろん自由です。

とにかく、1回のご注文で商品代金合計が
5,000円(税込)以上のお買い物で全商品送料無料となります。


※※※【【ご注意事項】】※※※

■1回のご注文で、商品代金合計5,000円以上(税込)となる場合のみ
 送料無料となります。(※送料・代引手数料は含まれません。)

■代金引換決済をご利用の場合は、別途代引手数料(315円)がかかります。

====================================================================

お世話になった恩師へ、
田舎のおじいちゃん、おばあちゃんへ、
遠く離れてしまった先輩や友人へ・・・。


「お世話になった方への夏便り」「お中元」

ぜひ、この機会に贈ってみませんか?

2008年7月 3日

[日々雑感]

海に行きたい!

もうすぐ待望の夏ですね。

金沢育ちの私は、毎年、能登の海へ泳ぎに行っています。

今年もいよいよそんな季節。
暑くなるとテンションも上がって、ますます青い海に心惹かれます。

早く泳ぎに行きたいなあ。
考えるといてもたってもいられなくなりました。

夏のお休みも決まらないうちから友達を誘って、
能登の海でキャンプする計画を立てちゃいました!

今からとっても楽しみです。
うれしくてうれしくて、なんと下見しに行ってしまいました。

キャンプ場から見える海。
umi2.img.jpg


キレイですよね〜!!!
この青さ、都会に住んでいらっしゃる方に見せてあげたいです。

能登の海はとっても透明で、肩までつかってもつま先が見えるほど。
こんなにキレイな水が、ここでは普通なんです。
恵まれてますよね。

金沢から車で40分ほどでこの美しい景色にたどりつけます。

もちろん混雑なんてありませんから
「今日は泳ごう!」って思ったらすぐ行くんです。
(今年は計画的ですけどね)

透明な海で遊んで、浜辺で焼き鳥とビール。
そのあとは近所の温泉に入って帰ってきます。

う〜ん金沢に産まれて良かった!!


[金沢屋・商品について]

今日は何の日?7月2日の金沢屋のおすすめ!

暑い日が続くようになりましたね。

金沢の夏は暑くてジメジメしています。
気温は高いけどカラッとならないのが、北陸の夏。
そんな季節が今年もやってきます。
(今日、7/2の金沢の気温は30.5度の真夏日でした)

暑いのが苦手という方にとっては辛抱の季節です。

でも、喜んでいるのは野菜たちです。
太陽と水がいっぱいのこの時期は、野菜の味が一段と濃くなるんです。

そんな魅力的な加賀野菜と、
加賀野菜を使った美味しいオススメ商品をご紹介します。

夏の野菜で暑い日に負けずがんばりましょう!


■夏の野菜を使って、サラダなんていかがでしょうか?
もちろん、煮物や焼き物にもオススメですよ。

「夏の加賀野菜詰合せ」 ※現在は取り扱っておりません

とれたての加賀野菜4種、
「打木赤皮甘栗かぼちゃ、加賀太胡瓜、へた紫なす、金時草」を詰合せて、
近江町市場より直送いたします。
※詰合せ内容は、天候などの関係で変更になる場合があります。


■スイーツがいい!という方にはこちら。

「加賀野菜クッキー・ぷりん」 ※現在は取り扱っておりません

野菜そのもののおいしさを大切に、甘さを控え、全て無添加で仕上げました。


■そして、最後はこちら。
実は今日、7月2日は「うどんの日」なんです。(ご存知でしたか?)

加賀野菜の金時草(きんじそう)を、ツルンと食べやすいうどんで!

「金時草手延うどん」

健康野菜で知られる加賀野菜の金時草の粉末を練りこみ、
手延べ製法で丹念に打ち上げました。
ツルンとした食感をお楽しみ下さい。

金沢屋

金沢屋
加賀・能登・金沢の逸品を通販してます。一度ご覧になってみてください。

会員登録について
登録はもちろん無料です。メルマガで旬の季節商品情報などをお届けしています。

Follow kanazawa_ya on Twitter Follow me on Twitter

金沢屋の過去の記録

ブログ導入以前の金沢屋の記録はこちらをご覧下さい

おすすめ

株式会社フィックス