金沢屋日記・ブログ 金沢・能登の情報や、お料理レシピ、生産者やスタッフの日記をお伝えします。

Powered by
Movable Type 5.04

【2014年02月】

2009年1月30日

[金沢屋・商品について]

金沢屋は受験生の皆様を応援します!

受験生の皆様の合格を祈願し、尾山神社で合格祈願のご祈祷を受けた[「合格金時(ごうかくきんとき)」]。

大寒も過ぎ、まさに受験シーズン真っ只中。
受験生の皆様もラストスパートというところでしょうか。

そんな受験生の皆様や受験生がいらっしゃるご家族の皆様に、金沢屋でも何か少しでもお力添えができればと、
学問の神様、菅原道真の子孫といわれている加賀藩の藩祖・前田利家とまつを祀る尾山神社にて神前祈祷を受けてきました。

祈祷を受けたのは我々金沢屋スタッフと五郎島金時[大学いも]の生産者、吉田醸造食品の吉田専務、そして30セット分の[大学いも]。

受験生の皆様の合格を祈願し、拝殿でご祈祷を受けたこの五郎島金時[大学いも]に、尾山神社で授与された合格御守を添えて、金沢屋から[合格金時](ごうかくきんとき)をお届け致します。

■[金沢尾山神社ご祈祷 合格金時]

・金沢尾山神社にてご祈祷された五郎島金時「大学いも」(120g×6パック)
・尾山神社の合格御守付き
・30セットのみの限定販売です。

2009年1月29日

[金沢屋・商品について]

プロが選ぶ観光・食事、土産物施設100選

旅行新聞新社が主催する
第29回「プロが選ぶ観光・食事、土産物施設100選」に
金沢屋リアルショップがある「兼六城下町」が入選しました!

joukamachiimg4.jpg

宿泊施設、お食事処、ギャラリーやお土産処などが併設された「兼六城下町」。
そのお土産処「いちがいもん」の一角に金沢屋のコーナーが設けられております。

joukamachiimg3.jpg

わき見、寄り道、ひと休み・・・「兼六城下町」

■お泊り処「ホテル兼六」

 コンセプトは「旅先だけど、自宅の寝室でくつろぐようなやすらぎ」
 無駄な装飾、過剰なサービスは排し、心がのびをするような一泊を。


■お食事処「味まっし・喜まっし」

 日本海を真近に控えた金沢。新鮮な旬の素材を用い、和・洋・中の
 お料理の彩々をご堪能下さい。


■ギャラリー「金沢物語」

 伝統の技に、現代の清新な息を吹き込み、若き工匠だちが造り上げた
 工芸・美術品を展示。


■お土産処「いちがいもん」  ←プロが選ぶ観光・食事、土産物施設100選に入選

 ”いちがいもん”とは金沢弁で一徹者のこと。どこでもある物ではなく、
 「ここにしかない」にこだわって、老舗の味、名産品をはじめ、
 オリジナル開発商品をとり揃えてあります。

joukamachiimg2.jpg

joukamachiimg6.jpg

そのほか、ご宴会処「宴座」や集いの広場「祭座」など、
金沢の味、技、美、憩・・・百万石の粋、風流を見て、触れて、感じて、味わう新名所、

日本屈指の観光地のひとつ、兼六園のすぐ近くにある「兼六城下町」。
兼六園にお越しの際には、帰りにちょっと寄り道してみて下さい。

「兼六城下町」 
http://www.k6-j.co.jp

2009年1月21日

[金沢屋・商品について]

TBS「はなまるマーケット」で加賀紫雲石が紹介されます!

金沢屋の商品がテレビで紹介されます!

なんとあの、TBSの「はなまるマーケット」で加賀紫雲石が登場します!

「はなまるカフェ」コーナーで「おめざ」としてお披露目です。


●放送日:1月22日(木)朝8:30〜 (「はなまるカフェ」のコーナー)

(※番組の都合により、紹介されない場合があります)        


「おめざ」では、これまで数々の伝説的ヒット商品が生まれており、選ばれるのは本当に光栄なことです。
加賀紫雲石も伝説の仲間入りとなるでしょうか?事務局はドキドキしています・・・。


【TBS「はなまるマーケット」公式サイト】
http://www.tbs.co.jp/hanamaru/
(加賀紫雲石の情報は放送後に更新されるようです)


■加賀紫雲石

※今までの加賀紫雲石20個入り以外にも、12個入りや、10箱・20箱の割安まとめ買いもご用意しております。

2009年1月20日

[日々雑感]

センター試験

今年のセンター試験問題にチャレンジしてみました。
http://www.dnc.ac.jp/center_exam/21exam_index.html

一番できそうな国語に挑戦。
(他の教科は全くできる気がしないです)
国語は現代文100点、古文50点、漢文50点の200点満点です。


問題をちらっと見たところ、現代文ならなんとかできそうですが、古文と漢文は無理。
学生時代に勉強したことはきれいさっぱり忘れてます。
現代文100点にだけ挑戦しました。


解いてみると、意外と簡単??な気が。
いや難しいんです、もちろん。
でも現役時代と違い、問題を解くテクニックみたいなことが身に付いてるのかもしれないです。
18歳の頃は、長文の内容に気持ちからどっぷり入り込んで読むことが「問題を解く」ことだと思ってました。
筆者の主張を心から理解することが大切なんだと勘違いしてたんですね。
一生懸命読みすぎて、問題を解く以上の感情移入をしていた気がします。


そういう意味で、今なら「作業」として問題を解くことが出来る。
「この設問はこういう意図だろう」と考えながら挑める訳です。
日々仕事をこなしていくプロセスにも似ているのかもしれません。

なんだか大人になっちゃったなあ。
さみしい気がします。
今なら点数は稼げるかもしれないけれど、純粋に楽しい読書の心は失っているのかも。
夜中まで机にかじりついていた頃が懐かしいです。


とはいえ大人になった今も、100点満点で78点しかとれませんでした。
偉そうなことを言っても説得力のない結果です。
18の時に受けてから十数年。
あの頃解けなかった問題を今解けるはずがありませんね。

[金沢屋おりふしの便り]

[一月二十日/大寒]

きょうは大寒。

一年でもっとも寒い時期です。

受験生や受験生のいるご家庭とっては、春の訪れがことさら待ち遠しい日々かもしれませんね。

寒さは厳しいですが、酒の寒仕込みをはじめ、寒の水を使った紙すきなど、この時期ならではのとっておきの品々があります。

寒餅もそのひとつ。
寒の水で搗いた餅は古来より保存がきくといわれてきました。

いまでは餅といえば新年のお雑煮ぐらいかもしれません。
手間がかかって面倒と思われていますが、餅は焼くだけ、いわば日本のインスタント食品です。
パンをトーストするのと同じです。

オーブントースターで焼くだけ。炭火じゃなくていいんです。
炭をおこした囲炉裏でこんがり焼いた餅も確かにおいしいですが、
とりあえずオーブントースターで十分です。

消化が良く、腹持ちが良いので、朝食に、おやつに、夜食に。
焼くだけだから手軽でカンタン、熱々の餅は身体が暖まります。

■[斗棒餅(とぼもち)]、[豆板餅](↓)

ほんのり塩味なので、何も付けずそのままでもおいしく召しあがれます。

原料のもち米から自分たちの手で栽培し、自分たちでつく(株)六星の[斗棒餅]、[豆板餅]。
ほんのりとした塩味が米の甘みを引き立てています。
伸びが良くてコシが強く、粘りがある。まさに横綱相撲です。

焼きたてアツアツの餅をハフハフ食べる冬の午後。
冬には冬の楽しみがあります。

2009年1月14日

[金沢屋・商品について]

「天然寒鰤のたたき」が入荷しました。

大変お待たせ致しました!

潮屋さんの「天然寒鰤のたたき」が入荷しました。

只今より今季の販売を開始致します!

外側はこんがり焦げ目、中はまったく生のまま。
寒鰤の脂を抑え、旨味だけを楽しみたい方におすすめです。
お刺身とはまた違う身の締まりと霜降りが同時に味わえるたたきをどうぞ!


■「天然寒鰤のたたき」

冬の今の時期しか販売しておりません。

2009年1月13日

[日々雑感]

竹久夢二館と湯涌の加賀鳶

しんしんと雪の降る湯涌温泉街は、とても風情のある街並みでした。
見たところ浅野川氾濫の形跡は感じず、落ち着いた静かな佇まいをしています。
今回は金沢湯涌夢二館へ行ってきました。
竹久夢二は大正時代の画家で、詩人でもあるそうです。
モダンでおしゃれな女性画をじっくり見てみたかったのです。

しかし夢二さんは、女性関係が少しだらしない人だったようで…。
最初の奥さんと離婚した後で、その奥さんとの間に二人も子供ができたり、二番目の奥さんとの結婚してからも別の女性と交際したり。
その絵と同じように、夢二さんは女性を魅力的に映す目を持っていたんでしょうか。

おかげで素敵な絵や文章が産み出されたことは間違いないようですが、女性の立場からすると複雑です。

湯涌の温泉街ではちょうど消防団による新年の出初式が行われていました。
雪が降りしきる中の加賀鳶です。
ue2.jpg
はしごの上でアクロバティックなポーズが次々と。
見物する人はみんな一様に傘とデジカメで両手がふさがっています。
竹のはしごが濡れて滑らないかひやひやしましたが、何事もなくすばらしい演技でした。
いやーそれにしても寒そう。
根性ありますね。
消防団の方の気合いに感激です。

2009年1月 9日

[]

金沢屋は受験生の皆様を応援します!

年が明けていよいよ受験シーズンですね。

今年受験を控えた受験生のみなさんはお正月休みも程々に、
来る1月17日からの「大学入試センター試験」に向け、
猛勉強の日々なのではないでしょうか。

そこで金沢屋が少しでもお役にたてることといえば、合格祈願のお守り。

金沢市にある前田利家とまつを祀る尾山神社は、
菅原道真の末裔とされる前田家らしく、
境内の絵馬には「合格祈願」の文字がよく目立ちます。

加賀藩繁栄の礎を築いた前田利家とまつ。

「十死に一生有無の一合戦」と激戦覚悟の利家の出陣を、
得意の刺繍で彩り、守ったまつ。

並ぶ者がいないほど傑出した才能をあらわす言葉、伝説の[左馬]のお守り。

その、[左馬]の加賀繍の守り袋に尾山神社の護符を入れ、
尾山神社より直接お届けします。
(※現在は取り扱っておりません)

お守りは心の拠り所。
その人を思い願って贈ったお守りはその人を勇気づけます。

「私のことを大切に思って下さる人がいる」
それだけで元気が出るものです。

右に出る者なしの心意気と勇気を、
今、必死に頑張っているお子様やお孫様に贈ってみませんか?

■「左馬お守り」紹介ページ (※現在は取り扱っておりません)

金沢屋は受験生の皆様を応援します!

2009年1月 7日

[金沢屋おりふしの便り]

金沢屋おりふしの便り[一月五日/小寒]

明けましておめでとうございます。

今年も生産者の方々と共に、
良質な商品を皆様にご提供できるよう努めてまいります。
今年も金沢屋を宜しくお願いいたします。

 ●新年は白い山からやってきた。

金沢で初詣といえば、市内なら前田利家とまつ夫妻を祀った尾山神社。
少し足を伸ばすなら、白山市、旧鶴来町の白山ひめ神社です。

全国におよそ二千七百社ある白山神社の総本社。
地元では「しらやまさん」の名で親しまれています。
白山信仰は全国に広がっていますから、
皆様の近くにも白山神社があるのではないでしょうか。

旧・鶴来町はしらやまさんの門前町として栄えてきました。
また白山の豊かな水を活用した醸造の町でもあります。
街道沿いに酒蔵や古い商家が立ち並び、風情ある町並みが続きます。

大晦日から元旦、正月三が日と初詣客で賑わった白山ひめ神社、
その境内に隣接するようにして料理旅館・和田屋はあります。

広い庭に囲まれているからでしょうか、静かで落ち着きがあり、
各室に切った囲炉裏が訪れる人々を温かく迎えてくれます。

和田屋といえば夏は囲炉裏で焼く川魚、
そして冬は猪(いのしし)や雉(きじ)です。

みそ味で食べる猪肉の[ぼたん鍋]には野生肉ならではの濃い旨味があります。
さっぱりポン酢で食べる[きじ鍋]には心地よい歯ごたえと透明なおいしさがあります。

これまで和田屋でしか食べられなかった鍋を、そのまま丸ごとお送りできるようにしました。

nabe.jpg

どちらも肉や野菜などの材料はもちろん、
だし、スープ等必要な材料はすべて揃っています。
あとはご家庭で鍋と水を用意するだけ。
もちろん好きな方はお酒も用意してくださいね。

[ぼたん鍋][きじ鍋]、どちらも金沢屋専用に肉を増量した贅沢なセットです。
たっぷり満喫していただけますよ。

只今申し込みいただくと、1月16日(金)に発送いたします。

きょうは小寒、いよいよ寒さが厳しくなります。
身体の中からポカポカ元気が湧いてくる、[ぼたん鍋][きじ鍋]で暖まってください。

金沢屋

金沢屋
加賀・能登・金沢の逸品を通販してます。一度ご覧になってみてください。

会員登録について
登録はもちろん無料です。メルマガで旬の季節商品情報などをお届けしています。

Follow kanazawa_ya on Twitter Follow me on Twitter

金沢屋の過去の記録

ブログ導入以前の金沢屋の記録はこちらをご覧下さい

おすすめ

株式会社フィックス