ようこそ金沢屋へ ログイン または 無料会員登録はこちら
       
0円
買い物かご
0 個

お客様の買い物かごには
只今、商品が入っておりません。

ふぐの子と詰め合わせA(平ふぐ)
  • ふぐの子と詰め合わせA(平ふぐ)

    image(3)
  • 任孫商店
  • 週刊文春・秘密のケンミンSHOWで紹介。石川県の限られた地域で製造可。 猛毒フグの卵巣を3年間糠漬けにすることで珍味に。

    【詰合せ内容】
    ふぐの子(卵巣)糠漬け1個×2袋
    平ふぐの糠漬け2枚入り×1袋
    平ふぐの粕漬け2枚入り×2袋

    真空パック。(調理方法のパンフレットをお付けします。)

    ※ふぐの子とふぐ詰合せ(Bセット)、ふぐ卵巣(Eセット)もございます。
      [種類]からお選びください。
3,780円(税込)
※別途送料860円冷蔵便
37ポイント
買い物かごに入れる
お気に入りに入れる

驚くべきは先人の食への執念。
猛毒フグの卵巣を美味へと変えた貪欲なまでの探求心。フグの腹にたっぷり詰まった、ふくふくとしたフグの子、さっと炊いたらさぞかし旨いだろう、けれどもそれは猛毒、食べられない。ああ捨てるには惜しい。命も惜しい。

猛毒フグの卵巣を三年漬けて、天下の珍味に。子も身も味わい尽くす伝統の味技。

糠漬樽


塩で漬け、糠で漬けて三年、猛毒は天下の美味へと変身した。そのまま薄切りにして酢や酒をたらす。濃く深く豊か、塩気もきついが発酵食品ならではのたっぷりとした旨みがある。

ふぐの子

箸の先にちょっと付けて酒の肴に。ホイルに包んで焼けば、魚卵がほぐれてプチプチとした食感。

炊きたてご飯に、お茶漬けに、米の飯との相性がことのほかいい。魚醤を隠し味に、昔ながらの技法を守る任孫商店のフグの身の糠漬け・粕漬けに、このたび貴重なフグの子糠漬けを加えて新たにお届けする。

本樽に詰め、土蔵でゆっくりと発酵、解毒。

漬け込み作業

日本海沿岸ではフグ漁は初夏。産卵のため岸に近づくフグの身は糠漬けや粕漬けに、そして卵巣は糠漬けにする。
産卵前の卵巣はいかにも旨そうだが、ご存じのとおり卵巣は肝臓と並ぶ猛毒の器官。もちろんそのままでは食べられない。
「フグは食いたし命は惜しし」、その難問に出した解答が長期発酵による解毒。微生物の力だ。

漬け込みの蔵

まず卵巣をたっぷりの塩で漬ける。
およそ35パーセント、塩の樽に卵巣を埋め込むといった方が正しい。そしてひと夏。水分が抜けて堅くしまった卵巣を翌年の冬、今度は糠で本漬けする。
昔ながらの木樽に詰め、土蔵に寝かせてふた梅雨。夏には盛んに発酵して表面が真っ白になるという。

5代目任田吉平ご主人

味の秘訣はイワシやサバで作った[いしる]。石川県特産の魚醤だ。
通常は醤油を使うが任孫商店では自家製の魚醤[いしる]をたっぷりとさし汁に使う。「いしるでなければ任孫の味ではない。耳にタコができるほど先代に言われました」。

酒が進む、飯が旨い、珍味は美味である。

フグの子中身

確かに塩からい。
昨今の減塩傾向とは対極にあるような塩辛さだ。
けれども塩なくては解毒できない。この塩分が珍味の証でもある。今でも必ず石川県予防医学協会の検査を受けて出荷、商品には(社)石川県ふぐ加工協会検査済之証のシールを貼付している。

石川県ふぐ加工協会検査済之証

糠を軽く落とし、薄く切って酒や酢をかける。またとない佳肴。アルミホイルに乗せガスで焼けば魚卵はプチプチ弾ける。

ふぐ

つぶつぶの食感、飯が旨い、お茶漬けにもいい。先人の知恵と微生物の力に感謝、猛毒を味わい尽くそうとした食通の勇気に感動。
毎日少しずつ少しずつ、大切に味わいたい。
(写真:石川県ふぐ加工協会検査済之証)

ふぐの身の糠漬・粕漬。フグ本来の旨みを身で味わう。

ふぐ盛り付け

フグの子が天下の珍味なら、美味の王道、本流はやはり身の糠漬け・粕漬け。
塩に漬けて天日に干し、木樽に詰めて米糠や酒粕に漬け、土蔵でねかせる。糠漬けは糠と身が一体化するまでゆっくりと発酵させる。

粕漬は酒粕の風味が身にしっとりとしみこむよう時間をかける。どちらも糠や粕は洗わず、包丁の背でこそげ取り、刃を寝かせるように、削ぐように切る。できるなら刺身包丁で薄く薄く削ぐ。身が軟らかい平フグならそのまま手で裂いてもいい。薄いフグの身を噛み締めていると、発酵食品ならではの旨みがじわじわと深まる。
酒があれば、まさに口福、いつまでも、いつまでもフグの複雑な味わいを口の中に留めておきたくなる。

合わせて楽しみたい石川の地酒。

商品番号 0150102
商品名 ふぐの子と詰め合わせA(平ふぐ)
商店名 任孫商店
商品内容 「詰め合わせA」 ふぐの子(卵巣)糠漬け1個×2袋、平ふぐの糠漬け2枚入り×1袋、平ふぐの粕漬け2枚入り×2袋。真空パック。調理方法のパンフレットをお付けします。
重さ 約1150g
賞味期限 約60日間。お届け後ならびに開封後は冷蔵庫で保存してください。
原材料 【平ふぐ粕漬け】さばふぐ、食塩、酒粕、砂糖、還元水飴、甘味料(ステビア・甘草)、調味料(アミノ酸等) 【平ふぐ糠漬け】さばふぐ、米糠、糀、食塩、魚醤 【ふぐの子糠漬け】ごまふぐ卵巣、米糠、米糀、食塩、赤唐辛子
5いつまでもファンですジージョさん (50代 女性 福井県)
飲んべぇの私は、若い時から大好きです。父親もよく母に「フグの糠・粕漬けを買ってこい」と言っていました。そして私も付き合って飲むうちに一緒に好きになり、父亡きいまも食べながら想いでに浸っています。昔ながらの素朴でありながら、今の時代にもマッチしており、最近では色々とアレンジして料理の材料の一つにもして重宝しています。生野菜と合わせれば、サラダ感覚でもいけますよ!
5珍しいものですワイワイさん (30代 男性 石川県)
ふぐの糟漬けけはよくお遣い物にします。ふぐの卵巣って普通は食べてはいけないんですよね。ただ、昔からの技法でこの石川県の卵巣の糠漬けは安全だそうです。なぜかわからないけど、毒が抜けるそうですね。珍味だと思います。塩辛いけれど、今回のものも美味しかった!
5お茶漬けしてますポコさん (40代 男性 香川県)
ふぐの子が好きで買ってます お茶漬けにしていますがとても満足してますよ塩辛いけれど私は好きです
この商品に関するあなたの感想や意見を"お客様の声"として発表してみませんか。
書き方や詳細については"お客様の声ガイドライン"をご覧ください。

お客様の声を投稿する

悪い             良い

お客様の声投稿ガイドライン

金沢屋はお客様の声を求めています! お客様の声の長さは2000字までに収めてください。目安として、75 〜 300字が標準です。

お客様の声の投稿ルール
お客様の声は、書き込みする商品に焦点を置いてお書きください。良いお客様の声には、その作品の好き嫌いのみでなく、その理由も書かれています。多くの方の「声」をお待ちしています。

当サイトのお客様の声は、お客様の自由な意見を発表できる場ですが、健全なコミュニティを維持するために、次の内容の「お客様の声」の掲載はお断りしております。
・誹謗中傷、冒涜的、猥褻、また悪意を含む表現
・短すぎる「声」(なぜ気に入ったのか、または気に入らなかったのかを具体的に説明してください)
・商品の内容と全く無関係なコメント
・電話番号、住所、URL、Eメールアドレスなどの個人的な情報
・発送可能時期、価格、注文オプション、または配送方法についての記述

また、以下の内容についてもご注意ください。
商品タイトル1つにつき、「お客様の声」は1回のみ投稿してください。
他の「お客様の声」や当サイトの機能に関するコメントも商品の「お客様の声」とは無関係ですので、お避けください。

この投稿ルールに違反する「お客様の声」は、掲示できないことがありますのでご了承ください。また、掲載される「お客様の声」に関しては、無断で訂正等を加えることがありますので、重ねてご了承ください。投稿ルールは予告なしに改訂されます。投稿した「お客様の声」や投稿ルールに関するお問い合わせは、金沢屋事務局で承っております。


false=display