ようこそ金沢屋へ ログイン または 無料会員登録はこちら
       
0円
買い物かご
0 個

お客様の買い物かごには
只今、商品が入っておりません。

合鹿椀(14cm)すぐろめ  角有伊作
  • 合鹿椀(14cm)すぐろめ 角有伊作

    image(1)
  • ココロインターナショナル株式会社

  • たっぷりとした大きさが手に心地よく、蕎麦、うどんなどの麺類、雑煮、雑炊、丼などに。 木目がうっすらと透け、使い込むほどに木目が浮かび上がってきます。

    ※ この他に、合鹿椀(14cm)朱塗、合鹿小椀(12cm)黒塗縁練金、合鹿小椀(12cm)朱塗 がございます。
    [種類]からお選びください。

48,600円(税込)
※別途送料640円通常便
486ポイント
買い物かごに入れる
お気に入りに入れる

●輪島漆芸を変えた工芸家・角 偉三郎

角 偉三郎。優美華麗な高級漆器、輪島漆芸のなかにあって、彼は異端者であり革命児だった。代表作である合鹿椀。ふだん私たちが手にする塗椀よりはるかに大きく、分厚い。切り立ったような高台、表面には漆を通して木目のありようが浮かびあがり、素朴でたくましい。どっしりとした存在感がある。

5

美しいけれど日常とかけ離れた華麗な漆器を、もう一度暮らしに取り戻したい。椅子とテーブルの現代生活に似合わなくなっていた漆器が、角 偉三郎の合鹿椀によって大きく変わった。
漆器はお道具ではなく使うもの。いまに続く漆の新境地は彼が開いた。

●合鹿椀こそ漆本来の姿

輪島市に隣接する旧・柳田村に伝わる合鹿椀。輪島漆芸のルーツといわれ、室町時代より農民の生活に根ざした日常雑器として作られていた。ケヤキ材をくりぬいた大振りで分厚い椀は粗野で素朴、漆をざっと塗っただけの合鹿椀は地元の人々に愛されながらも、やがて忘れ去られていった。

6

38歳という異例の若さで輪島漆芸・沈金作品で改組・日展の特選を受賞した角 偉三郎が出会った合鹿椀。
使い込まれ、古びた、なんの飾りもない椀。そんな合鹿椀のなかに、漆本来の姿を見た。それ以降は沈金を離れ、美術作品ではなく、日常のなかに生きる漆を求めた。

●写しや復元ではなく、消化する

7

角 漆工房の合鹿椀が輪島漆芸の革新といわれるのには理由がある。
輪島塗は椀の縁や高台など傷みやすい部分に補強のための麻布を貼る。貼っただけではデコボコしているので、その後、漆とケイソウ土の粉末をまぜた地の粉を何度も塗って研ぎ、段差をならす。だが彼は地の粉を使わず、直接漆を塗った。布や木の質感を消したくなかったからである。

10

ムラなく、均一に塗るのが当たり前の上塗りにおいて、なんと手に直接漆を取り指で塗った。かけ流しのように漆が滴った跡そのままの椀もある。
もともと輪島漆芸は日常の器。ツヤツヤ、ピカピカではなかったはず。漆の原点に還る道を合鹿椀が示してくれた。
合鹿椀をただ写したり復元するのではなく、範としながらも独自の視点で消化した角 偉三郎の椀はおおらかで美しく、新鮮。多くの人々の支持を集め、合鹿椀は角 漆工房の、そして輪島の代名詞ともなった。

●角 漆工房として、角 有伊として

角 有伊。父の工房に帰ったのは父が亡くなる2年前。
それまでは陶芸を志していた。九谷焼の須田菁華窯を経て、鯉江良二のいる常滑で作陶。

11

 

「陶芸は形が自由、そして技法も自由です。釉薬をかけ流したり、絵付けをしたり、いろいろな技法がある。でも漆は不自由である分、深さがあると思う。原木の乾燥に約5年、いざ漆器としてつくりはじめてからも、塗っては乾かしを繰り返すので、なにしろ時間がかかる。そのぶん丈夫である。そして漆器はたとえ欠けても、きちんとしたものなら塗り直しがきく」。

●使う人と向き合う確かな存在感

12

椀は木地の厚み、くりの深さ、高台の高さなど、わずかな加減で印象が変わる。もちろん漆の塗り方、縁に入れた一本の細いラインによっても微妙に変化する。

13

「父は教えることはない、やればわかると言っていました。受け継ぐとは本来そういうもの。同じことを繰り返したり、写すことではないと思う」。

木地、下地、上塗りと分業制の輪島木の質感や木目を残すために下地を施さず、漆そのものをたっぷりと塗り重ねる。だから角 有伊の合鹿椀は、椀の土台となる木地を漆の膜が覆っているのではなく、木と漆が一体化して、渾然一体となっているように感じられる。
ただそこにあるだけで、確かな存在感を放つ。

■合鹿椀 すぐろめ ■合鹿椀 朱塗

角 漆工房の代名詞ともいえる合鹿椀(大)。
色も形も塗り方も、さまざまな合鹿椀が生まれたが、もっとも基本的で原型ともいえるのがこの2つの合鹿椀。

1

  

ふっくら素直な形。たっぷりとした大きさが手に心地よく、おおらかな気持ちになる。蕎麦、うどんなどの麺類、雑煮、雑炊、丼などなど、高台が高いので指をかけてしっかりと持つことができる。

すぐろめとは素黒目と書き、生漆をかき混ぜながら水分を除き、黒く精製した漆のこと。砂鉄などを加えて黒く発色させた一般的な黒漆とは異なり、塗ると木地の木目がうっすらと透ける。使い込むほどに木目が浮かびあがってくる。
朱塗りも落ち着いた色あいで、飽きがこない。
※手漉きの能登仁行和紙を貼った外箱でお届けします。

■合鹿小椀 黒塗縁練金  ■ 合鹿小椀 朱塗

合鹿椀の持つ野趣やおおらかさはそのままに、やや小ぶりにして使いやすく、用途を広げた。

2

女性の手にもしっくりとなじみ、毎日の汁碗として愛用できる。特色ある高台や合鹿椀のざんぐりとした味わいを自分のものとして消化し、創造した角 漆工房ならではの作品。縁に一本、すっと金色の線が入り、緊張感のあるたたずまいになっている。
※手漉きの能登仁行和紙を貼った外箱でお届けします。

角 有伊●かど ゆい(1968〜)

3

石川県輪島市生まれ。1986年より九谷焼窯元・須田菁華にて4年間つとめる。1993年常滑市にて作陶、個展を中心に活動。2003年父である角 偉三郎の角 漆工房に入る。2005年同工房の責任者となり、各地の百貨店アートサロンや全国のギャラリーで個展、グループ展を開催。

角 偉三郎●かど いさぶろう(1940〜2005)

石川県輪島市生まれ。1955年沈金師・橋本哲四郎に入門。以降、数々の美術展に入選、1978年改組日展特選受賞。1983年よりすべての公募展から退く。以降、国内外で個展、グループ展を開催。2005年七尾市に角 偉三郎美術館開館。

4

パブリックコレクション/外務省、石川県立美術館、石川県輪島漆芸美術館、東京国立近代美術館、ヴィクトリア&アルバート美術館(イギリス)、パリ民族学博物館(フランス)、ベルリン国立東洋美術館など

角 偉三郎美術館●七尾市和倉町ワ部65-1

七尾湾を望む空間と作品が融合し、独自の道を切り開いた角 偉三郎の世界を体感できる。館内に入ると海に向かって飛び立つような巨大なへぎ板のオブジェ「のと星」が迎えてくれる。在りし日の制作風景を思い起こさせる再現工房には愛用の道具が並び、椀や盃、膳など代表作を一堂に見ることができる。

14

15

商品番号 1440101
商品名 合鹿椀(14cm)すぐろめ 角有伊作
商店名 ココロインターナショナル株式会社
商品内容 直径14cm・高さ11cm・すぐろめ。 お手入れ用の拭き布を1枚お付けします。 手漉きの能登仁行和紙を貼った外箱でお届けします。
重さ
賞味期限
原材料
5日常使いに合鹿椀六星さん (70代以上 男性 茨城県)
思いきって買った「合鹿椀14cm」実物の方が深みがあって黒から焦げ茶へのグラデーションが何ともいえません。木製漆器でもプラスチック製じゃないかと指で弾いてみるのがありますが、これは自然で素朴で食事が楽しくなります。早速、親子丼を作って頂きました。次の日は新米の白ご飯を小さく盛ってこれも行けます。丁度、川連塗りの箸も新調したところだったので良く合います。毎日の食事に使って行こうと思います。
この商品に関するあなたの感想や意見を"お客様の声"として発表してみませんか。
書き方や詳細については"お客様の声ガイドライン"をご覧ください。

お客様の声を投稿する

悪い             良い

お客様の声投稿ガイドライン

金沢屋はお客様の声を求めています! お客様の声の長さは2000字までに収めてください。目安として、75 〜 300字が標準です。

お客様の声の投稿ルール
お客様の声は、書き込みする商品に焦点を置いてお書きください。良いお客様の声には、その作品の好き嫌いのみでなく、その理由も書かれています。多くの方の「声」をお待ちしています。

当サイトのお客様の声は、お客様の自由な意見を発表できる場ですが、健全なコミュニティを維持するために、次の内容の「お客様の声」の掲載はお断りしております。
・誹謗中傷、冒涜的、猥褻、また悪意を含む表現
・短すぎる「声」(なぜ気に入ったのか、または気に入らなかったのかを具体的に説明してください)
・商品の内容と全く無関係なコメント
・電話番号、住所、URL、Eメールアドレスなどの個人的な情報
・発送可能時期、価格、注文オプション、または配送方法についての記述

また、以下の内容についてもご注意ください。
商品タイトル1つにつき、「お客様の声」は1回のみ投稿してください。
他の「お客様の声」や当サイトの機能に関するコメントも商品の「お客様の声」とは無関係ですので、お避けください。

この投稿ルールに違反する「お客様の声」は、掲示できないことがありますのでご了承ください。また、掲載される「お客様の声」に関しては、無断で訂正等を加えることがありますので、重ねてご了承ください。投稿ルールは予告なしに改訂されます。投稿した「お客様の声」や投稿ルールに関するお問い合わせは、金沢屋事務局で承っております。


あわせておすすめ

輪島塗 黒塗大椀
19,440円(税込)
194ポイント
 
輪島塗 朱コーヒーカップ
32,400円(税込)
324ポイント
 
輪島塗 乾漆夫婦箸
5,400円(税込)
54ポイント
 
false=display